ホンダのインド販売52%の大幅増、今年度の月販新記録…10月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ シティ
  • ホンダ シティ
  • ホンダ アメイズ
  • 新型ホンダ ジャズ(日本名:フィット)
  • ホンダ ブリオ
  • ホンダ モビリオ 新型
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは11月2日、10月のインド新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、2万0166台(輸出を除く)。前年同月比は52%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

2万0166台の内訳では、小型セダンの『シティ』が7022台で、2か月ぶりに最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が6971台で、シティに続く。新型を投入した『フィット』は4496台。以下、『ブリオ』が820台、『CR-V』が87台。

また、2014年7月にインド市場に投入された新型『モビリオ』は、770台を販売。また、10月のインドからの輸出実績は、134台だった。

ホンダの2014年度(2014年4月から2015年3月)のインド新車販売は、18万9062台と新記録。前年比は41%増と大きく伸びた。2015年4-10月は、前年同期比16%増の11万7383台。

ホンダカーズインディアリミテッドのJnaneswar Sen副社長は、「感謝祭の需要によって、10月の販売は大きく伸びた。今年度の月販新記録」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  3. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  6. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  7. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  8. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  9. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

  10. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら