ホンダのインド販売52%の大幅増、今年度の月販新記録…10月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ シティ
  • ホンダ シティ
  • ホンダ アメイズ
  • 新型ホンダ ジャズ(日本名:フィット)
  • ホンダ ブリオ
  • ホンダ モビリオ 新型
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは11月2日、10月のインド新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、2万0166台(輸出を除く)。前年同月比は52%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

2万0166台の内訳では、小型セダンの『シティ』が7022台で、2か月ぶりに最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が6971台で、シティに続く。新型を投入した『フィット』は4496台。以下、『ブリオ』が820台、『CR-V』が87台。

また、2014年7月にインド市場に投入された新型『モビリオ』は、770台を販売。また、10月のインドからの輸出実績は、134台だった。

ホンダの2014年度(2014年4月から2015年3月)のインド新車販売は、18万9062台と新記録。前年比は41%増と大きく伸びた。2015年4-10月は、前年同期比16%増の11万7383台。

ホンダカーズインディアリミテッドのJnaneswar Sen副社長は、「感謝祭の需要によって、10月の販売は大きく伸びた。今年度の月販新記録」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  3. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  9. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る