中央道・調布IC周辺で車線追加…渋滞緩和対策

自動車 社会 行政

対策の概要図
  • 対策の概要図
  • 対策の断面図
NEXCO中日本は、中央自動車道(上り線)調布IC~三鷹BSでの渋滞緩和のために、付加車線工事を開始する。

調布IC~三鷹BS間は1日に約9万台の交通量があり、朝夕の慢性的な渋滞が発生。さらに、混雑期には激しい渋滞が発生している。

今回の渋滞対策は、現在の道路幅を広げずに、車線幅や路肩幅を狭めて付加車線を設置するもの。これにより、定時性・安全性の向上が図られるとNEXCO中日本では説明している。

工事は、主に路肩部分を規制して交通安全施設(非常駐車帯など)の設置作業を実施する。一部の工事については夜間に走行車線や追越車線を規制する。詳しい工事規制情報はNEXCO中日本の工事規制カレンダーサイトで確認のこと。

付加車線の運用開始は年内を予定しているが、具体的な日時は決定次第発表される。
《編集部》

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

    負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

  2. 信号待ち中に車道へ飛び出した女児、ひき逃げされ重傷

    信号待ち中に車道へ飛び出した女児、ひき逃げされ重傷

  3. 車両3台が関係する多重衝突、軽トラックの運転者が重体

    車両3台が関係する多重衝突、軽トラックの運転者が重体

  4. バイクの無免許運転で衝突事故を起こした少年、回復を待って逮捕

  5. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  6. 警報機と遮断機の無い踏切で列車と衝突、軽乗用車の2人死傷

  7. 国内最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウン」に行ってきた

  8. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  9. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  10. 萩原流行氏の死亡事故、当事者の警察官は略式起訴へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら