テクトム、3G通信対応のOBD II車両情報取得端末を発売

自動車 テクノロジー 安全

テクトムは10月21日、3G回線によるデータ通信に対応したOBD II車両情報取得用端末「GX410NC」の販売を開始した。

新製品はOBD IIコネクタに接続することで、急ハンドルや急ブレーキなどの運転挙動だけでなく、ABSやワイパー等の動作状況など、様々な車両情報や故障診断履歴を取得し、3G回線を利用してリアルタイムに送信することができる。新製品は、2013年よりネクスと協業し開発に着手、テクトムが車両通信部分を担当し、ネクスが設計・製造した。

自動車は、車載ネットワーク CAN(Controller Area Network)などを利用した通信により電子制御を行っている。テクトムは創業以来、独自の解析技術を保有しており、新製品においても、取得できるデータからドライバーの運転情報や自動車の利用情報として、運転挙動データに限らず、多彩な項目の取得を可能にしている。

同社では具体的な用途として、走行実績に基づいて保険料を算出するテレマティクス保険や、安全・エコ運転を推進する車両管理サービス、気象情報や渋滞情報と連係した各種道路情報、クルマの利用履歴に基づく運転者の行動情報などを想定。今後も様々な用途で利用できるよう、対応車種拡大、製品向上のための解析や性能向上を進め、あらゆる利用シーンに対応することを目指している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

    【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  3. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型EV、トゥイジー…衝突テストで最低評価[動画]

    【ユーロNCAP】ルノーの超小型EV、トゥイジー…衝突テストで最低評価[動画]

  4. 【スピーカー交換のススメ】スエーデンブランドDLS、コスパ高いリファレンスシリーズ

  5. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  6. 【ユーロNCAP】中国車が初の衝突テスト…結果は惨敗

  7. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

  8. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  9. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  10. NNG、新CEO「すべての自動車にナビゲーションを」…就任会見で

アクセスランキングをもっと見る