【フランクフルトモーターショー15】アウディ e-トロン・クワトロコンセプト…航続500km、クロスオーバーEV[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
  • アウディ e-トロン・クワトロコンセプト(フランクフルトモーターショー15)
アウディは、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15に『e-トロン・クワトロコンセプト』を出展した。

同車は、アウディが市販を予定している電気自動車のコンセプトカー。パワートレインは、モーターをフロントアクスルに1個、リアアクスルに2個搭載し、駆動方式は4輪を駆動する「クワトロ」となる。

3個のモーターの合計出力は435psに達し、ブーストモードを起動すると最大出力503ps/最大トルク81.6kgm以上に引き上げられる。0-100km/h加速は4.6秒、最高速は210km/h(リミッター作動)。

二次電池は、蓄電容量95kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、キャビン下の前後アクスル間に配置される。1回の充電で500km以上の走行が可能で、バッテリーをフル充電するのに要する時間は約50分とアナウンスされている。

ボディサイズは、全長4880×全幅1930×全高1540mmで、アウディ『Q5』と『Q7』のほぼ中間サイズ。クーペのようなデザインを採用することでエアロダイナミクス性能を追求し、Cd値は0.25と、SUVセグメントで最高の数値を達成した。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  3. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

    マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  4. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  5. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  7. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  9. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  10. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら