ヤマハ発動機、電動アシストスポーツ自転車に参入…第1弾ロードバイク発売へ

モーターサイクル 新型車

ロードバイク「YPJ-R」
  • ロードバイク「YPJ-R」
  • ロードバイク「YPJ-R」
  • ロードバイク「YPJ-R」
  • ロードバイク「YPJ-R」
  • 着脱式液晶マルチファンクションディスプレイ
  • 液晶マルチファンクションディスプレイとスイッチユニット
  • 変速機(外装変速22 段)
  • ディレイラー(前)
ヤマハ発動機は、スポーツ自転車の長所と電動アシスト機能のメリットを融合したスポーツ自転車ブランド「YPJ」を新たに立ち上げると発表した。

YPJ第1弾として、軽さと高い走行性能を備えたロードバイク『YPJ-R』を12月10日から発売する。

「YPJ-R」は、スポーツライドを楽しむ高い走行性能と、ヤマハオリジナルデザインを備えたロードバイクに、欧州市場で好評な小型ドライブユニット「PWシリーズ」を搭載した電動アシストロードバイク。

ヤマハ製の電動アシスト自転車の中では最軽量となる約15kgの車体重量で、アシストのない領域でもスポーツ自転車として走行が可能。また、発進・加速などのシーンでは、アシストのメリットを生かしたパワフルな加速で、巡航速度までスムーズにつなげる。

新開発小型バッテリーは、走行時以外、付属のUSBアダプターによりスマートフォンなどの電子機器の充電用電源として使用することも可能。充電器は携行を想定したコンパクト設計としている。ハンドル中央部のスイッチユニットには、マイクロUSBポートを装備しており、別売のライトやスマートフォンなどの電子機器への給電が可能。

自転車に興味の高い若年層や、中・長距離ライドを快適に楽しみたい自転車ユーザー層に、新しいスポーツ自転車として提案する。

価格は24万8400円。年間1000台の販売を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

    カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  2. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  3. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

    ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  4. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  5. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  6. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  7. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  8. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  9. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  10. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら