宇宙滞在最長記録を879日に更新、パダルカ宇宙飛行士ら地球に帰還

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ソユーズTMA-16M宇宙船(42S)が9月12日午前6時29分(日本時間)に国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、9月12日午前9時51分に、カザフスタン共和国の草原に無事着陸したと発表した。

ソユーズTMA-16M宇宙船には、ISS第43次・第44次長期滞在クルーのゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、短期滞在クルーのアンドレアス・モーゲンセン宇宙飛行士、アイディン・アイムベトフ宇宙飛行士が搭乗していた。

5回目の宇宙滞在であったパダルカ宇宙飛行士の今回のISS滞在期間は約168日で、合計宇宙滞在日数は約879日となり、これまでロシアのセルゲイ・クリカレフ宇宙飛行士が持つ宇宙滞在合計日数803日の最長記録を更新した。

短期滞在クルーのモーゲンセン宇宙飛行士、アイムベトフ両宇宙飛行士の滞在期間は約10日だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  3. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  4. JAXAなど、太陽観測衛星「ひので」による部分日食の画像を公開

  5. NASA、超軽量素材の開発・製作を3社に発注

  6. すばる望遠鏡で126億光年彼方の宇宙に小さな銀河を多数発見

  7. 米国SSL、スカパーJSATと通信衛星供給契約…2015年打ち上げ予定

  8. アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

  9. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

アクセスランキングをもっと見る