宇宙滞在最長記録を879日に更新、パダルカ宇宙飛行士ら地球に帰還

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ソユーズTMA-16M宇宙船(42S)が9月12日午前6時29分(日本時間)に国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、9月12日午前9時51分に、カザフスタン共和国の草原に無事着陸したと発表した。

ソユーズTMA-16M宇宙船には、ISS第43次・第44次長期滞在クルーのゲナディ・パダルカ宇宙飛行士、短期滞在クルーのアンドレアス・モーゲンセン宇宙飛行士、アイディン・アイムベトフ宇宙飛行士が搭乗していた。

5回目の宇宙滞在であったパダルカ宇宙飛行士の今回のISS滞在期間は約168日で、合計宇宙滞在日数は約879日となり、これまでロシアのセルゲイ・クリカレフ宇宙飛行士が持つ宇宙滞在合計日数803日の最長記録を更新した。

短期滞在クルーのモーゲンセン宇宙飛行士、アイムベトフ両宇宙飛行士の滞在期間は約10日だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  2. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

    アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  3. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

    「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  4. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  5. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  6. 「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

  7. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  8. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  9. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  10. 宇宙ミュージアム TeNQ、「サンダーバード ARE GO」とコラボ企画展…3月3日~6月28日

アクセスランキングをもっと見る