【リコール】クライスラー 300C など、タカタ製エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 国内マーケット

FCAジャパンは7月31日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコール(回収・無償修理)を国土交通省にを届け出た。

対象となるのは、クライスラー『300Cツーリング』『300C』『300C SRT8』、ダッジ『チャージャー R/T』『チャージャー SRT8』『チャレンジャー SRT8』の6車種で、2004年12月20日から2008年9月3日に輸入された2886台。

運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、エアバッグ展開時にインフレータ内圧で容器が破損して構成部品が飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、運転者席側エアバッグのインフレータを年式の古いものから順次代替品と交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  2. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

    英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. 英自工会「EUにとどまるのが望ましい」…国民投票前に声明

  5. ADVAN FLEVA V701 試走、グッドハンドリングで乗り心地も快適

  6. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  7. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  8. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  9. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  10. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

アクセスランキングをもっと見る