【ベントレー フライングスパーV8 試乗】W12との違いは航続距離、豪華さや性能はほぼ変わらず…大谷達也

試乗記 輸入車

ベントレー フライングスパー V8
  • ベントレー フライングスパー V8
  • ベントレー フライングスパーV8
  • ベントレー フライングスパーV8
  • ベントレー フライングスパーV8
  • ベントレー フライングスパーV8
  • ベントレー フライングスパーV8
  • ベントレー フライングスパーV8
  • ベントレー フライングスパーV8
ベントレーの現行ラインナップは4ドア・サルーンの『ミュルザンヌ』、このミュルザンヌの弟分にあたる同じく4ドア・サルーンの『フライングスパー』、2ドア・クーペの『コンチネンタルGT』という3モデルで構成されている。

いっぽう、その技術的な成り立ちに目を向けると、ベントレーの伝統を忠実に受け継いだミュルザンヌがボディやエンジンを含めてほぼ自前で作り上げているのに対し、フライングスパーとコンチネンタルGTは同じグループのアウディとの共同作業で作り上げた感が強い。実際、主要部品の多くはドイツからイギリスに運び込まれ、由緒正しいベントレーのクルー工場でアッセンブリーされている。

ベントレー最大の魅力といっても間違いないインテリアの作りにしても、職人たちが昔ながらの手法で手間ひま惜しまずに作り上げるミュルザンヌに対し、コンチネンタルGTやフライングスパーでは部分的に機械化されている。

といっても、レザー仕上げのステアリングはいまだにすべて手縫いで、職人ひとりひとりがそれぞれ使い慣れているフォーク(食事のときに用いるのと同じ、本物のフォーク!)を用いてレザーに目印をつけ、これにあわせてひと針ひと針縫い合わせていると聞けば、大量生産されている通常の自動車とはけた違いに手間がかかっていることがご想像いただけるだろう。

つまり、技術面から見るとミュルザンヌだけが独立していて、コンチネンタルGTとフライングスパーはひとつのグループと捉えることもできるのだ。

こう説明すると、なんだかコンチネンタルGTとフライングスパーが廉価版のように思えてくるかもしれないが、パワートレーン系を中心にアウディの最新技術が注ぎ込まれているいっぽうで、インテリアにはベントレーらしさがしっかり受け継がれているという意味から、先進性と伝統が絶妙のバランスでブレンドされているのがコンチネンタルGTとフライングスパーの両モデルともいえる。

いっぽうのミュルザンヌは、老舗の料理屋で創業当時から継ぎ足し継ぎ足しで使われてきたダシのような味わい、といえばいいだろうか。

だから、それぞれ別個の世界を持っているといっても間違いないのだが、本気で走ろうと思ったときにしっかりと応えてくれるコンチネンタルGTとフライングスパーの骨太さには捨てがたい魅力があると個人的に思っている。

さて、ここで紹介するのはフライングスパーに新たに加わったV8モデルである。フライングスパーには、もともと6.0リットルW12ツインターボというユニークなレイアウトのエンジンが搭載されていたが、これをアウディと共同開発した最新の4.0リットルV8ツインターボエンジンに置き換えたのがフライングスパーV8である。

W12の625ps/800Nmという途方もないスペックに比べれば、V8は507ps/660Nmとややおとなしいものの、それでも最高速度は295km/h、0-60km/h加速は4.9秒で駆け抜けるのだから、ほとんどスーパーカー並みのパフォーマンスだ。

いっぽう、エクステリア面ではグリルやバッジの色や、エグゾーストパイプの形状(V8は“8の字型”となっている)が異なるなどの違いがあるが、それらは一般の人が見ても気づかない些細な変更でしかない。インテリアの豪華さは同等、ただしレザーやウッドで選択の余地が微妙に狭まるものの、これも様々なオプションを駆使すればどうにでもなるといって差し支えないだろう。

乗り心地やハンドリングは微妙に異なる。実は両モデルの車重にはほとんど差がないのだが、V8のほうが軽快感を強く打ち出した味付けとされているのだ。とはいえ、これも厳密に乗り比べてみない限り気がつかない範囲の差でしかない。

では、W12とV8の最大の違いはなにか? それは燃費の差だ。いや、より厳密にいえば航続距離の差と言うべきだろう。EU複合モード燃費はW12の6.8km/リットルに対してV8は9.2km/リットルと約35%も良好。燃料タンクはどちらも90リットルで変わりないので、燃費の向上分がそのまま“足の長さ”に反映されると思って間違いない。ちなみに、メーカーが公称するV8の航続距離は840km。これだったら東京-名古屋間を往復しても、まだおつりがくるだろう。

豪華さやパフォーマンスはW12とほとんど変わらず、航続距離の長さという新たな魅力も備えたフライングスパーV8。1945万円という価格も同様に魅力的だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

大谷達也|自動車ライター
元電気系エンジニアという経歴を持つせいか、最近は次世代エコカーとスーパースポーツカーという両極端なクルマを取材することが多い。いっぽうで「正確な知識に基づき、難しい話を平易な言葉で説明する」が執筆活動のテーマでもある。以前はCAR GRAPHIC編集部に20年間勤務し、副編集長を務めた。日本自動車ジャーナリスト協会会員。日本モータースポーツ記者会会長。
《大谷達也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

    【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

  2. 【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

    【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

  3. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

    【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  4. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  5. 【BMW 118d 試乗】5日間・900kmを走破し感じた“ポジ”と“ネガ”…中村孝仁

  6. 【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏

  7. 【BMW 330e 試乗】PHV、その走り方の極意を発見か?…中村孝仁

  8. 【ジャガー XE ディーゼル 試乗】スポーツセダンの文脈に変わりなし…島崎七生人

  9. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  10. 【ホンダ ステップワゴン スパーダ 試乗】 クールスピリットも快適感&使い勝手は秀逸…青山尚暉

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら