【ジュネーブモーターショー15】フォード フォーカス RS 新型…世界初の「ドリフトモード」採用

自動車 ニューモデル 新型車

新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS
米国の自動車大手、フォードモーターは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、新型フォード『フォーカスRS』を初公開した。世界初の「ドリフトモード」が注目できる。

フォーカスRSは、フォードの主力コンパクトカー、『フォーカス』の頂点に立つ高性能グレード。先代のフォーカスRSは、2009年に発売。ボルボカーズ製がベースの2.5リットル直列5気筒ガソリンターボは、専用チューンを受け、最大出力300ps、最大トルク44.9kgmを発生。6速MTを介して、0-100km/h加速5.9秒、最高速258km/hの性能を実現していた。

ジュネーブモーターショー15で初公開された新型フォーカスRSは、3世代目モデル。フォード自慢の環境エンジン、「エコブースト」を搭載。直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、新型フォーカスRS用に専用チューンが施され、最大出力320ps以上を引き出す。

駆動方式は、先代のFFから、新型では再び4WDに回帰。この4WDは、「フォード・パフォーマンスAWD」と命名。ダイナミック・トルク・ベクタリング機能を備え、優れたトラクション性能を発揮する。

フォードモーターはジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスにおいて、新型フォーカスRSの詳細を発表。世界初の「ドリフトモード」の採用が、公表された。

このドリフトモードは、新型に用意される4種類のドライブモードのひとつ。ドリフトモードを選択すると、4輪への駆動トルク配分の設定が変わり、サーキットなど安全が確保された場所で、ドライバーがドリフトを行いやすいようになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

    【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  3. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  7. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  8. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  9. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  10. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら