【ジュネーブモーターショー15】フォード フォーカス RS 新型…世界初の「ドリフトモード」採用

自動車 ニューモデル 新型車

新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS (ジュネーブモーターショー15)
  • 新型フォード フォーカス RS
米国の自動車大手、フォードモーターは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、新型フォード『フォーカスRS』を初公開した。世界初の「ドリフトモード」が注目できる。

フォーカスRSは、フォードの主力コンパクトカー、『フォーカス』の頂点に立つ高性能グレード。先代のフォーカスRSは、2009年に発売。ボルボカーズ製がベースの2.5リットル直列5気筒ガソリンターボは、専用チューンを受け、最大出力300ps、最大トルク44.9kgmを発生。6速MTを介して、0-100km/h加速5.9秒、最高速258km/hの性能を実現していた。

ジュネーブモーターショー15で初公開された新型フォーカスRSは、3世代目モデル。フォード自慢の環境エンジン、「エコブースト」を搭載。直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、新型フォーカスRS用に専用チューンが施され、最大出力320ps以上を引き出す。

駆動方式は、先代のFFから、新型では再び4WDに回帰。この4WDは、「フォード・パフォーマンスAWD」と命名。ダイナミック・トルク・ベクタリング機能を備え、優れたトラクション性能を発揮する。

フォードモーターはジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスにおいて、新型フォーカスRSの詳細を発表。世界初の「ドリフトモード」の採用が、公表された。

このドリフトモードは、新型に用意される4種類のドライブモードのひとつ。ドリフトモードを選択すると、4輪への駆動トルク配分の設定が変わり、サーキットなど安全が確保された場所で、ドライバーがドリフトを行いやすいようになる。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品