【シカゴモーターショー15】日産 GT-R LM NISMO、初公開…新たにドライバー3名も決定

自動車 ニューモデル 新型車

日産 GT-R LM NISMO(シカゴモーターショー15)
  • 日産 GT-R LM NISMO(シカゴモーターショー15)
  • ヤン・マーデンボロー選手(シカゴモーターショー15)
  • NISMOの宮谷正一 社長(シカゴモーターショー15)
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • Nissan GT-R LM NISMO
  • Nissan GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
2月12日、米国で開幕したシカゴモーターショー15。日産自動車のブースでは、『NISSAN GT-R LM NISMO』の実車が初公開されている。

NISSAN GT-R LM NISMOは、スポーツカーレーシングの世界最高峰カテゴリー、FIA世界耐久選手権(WEC)のLM P1(ルマンプロトタイプ1)クラスに参戦するために開発。WECの1戦として、6月に開催されるルマン24時間耐久レースにも、投入される。

パワートレインは、排気量3.0リットルのV型6気筒ガソリンツインターボエンジンに、エネルギー回生システムを組み合わせたハイブリッド。システム全体で、1250hpレベルを引き出す。フロントエンジンで、前輪を駆動するFF車という点も、LM P1クラスでは画期的。

今回、シカゴモーターショー15の会場では、ルマンドライバー3名の名前が、新たに公表された。ミハエル・クルム、ルーカス・オルドネス、ヤン・マーデンボローの3選手。ルーカス・オルドネスとヤン・マーデンボローの両選手は、GTアカデミー出身。

NISMOの宮谷正一 社長は、「GT-R LM NISMOは、我々のレーシングカーの最高峰。シカゴモーターショーでLM P1カーを披露できたのは、まさに興奮の出来事」と述べている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品