マクドナルドがバーガー類のカロリーをカット…インド

エマージング・マーケット インド・南アジア

世界最大級のレストランチェーンであるマクドナルドが、全てのバーガー類の脂肪分40%にあたる50~60カロリーをカットし、フライドポテトの塩分については20%カットしたとエコノミックタイムスが伝えた。

これは消費者が健康志向になっていることを受けたものであり、マクドナルドはインドでこの4年間、より健康的なメニューの開発を行ってきた。

朝食にグリルメニューを加え、エッグバーガーや脂肪分3%以下のアイスクリームをカロリーおよびタンパク質、脂肪、炭水化物の含有量を表示して販売している。

西インドおよび南インドでマクドナルド200店舗以上とマックカフェ30店舗を展開するWestlife Developmentのアミット・ジャティア副社長は、消費者がその志向に基づいて商品を選ぶことができるように、高タンパク質低脂肪の商品も視野に入れていくと話している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エマージング・マーケット アクセスランキング

  1. 「丸亀製麺」のアジア戦略…マレーシアのヌードルショップを傘下に

    「丸亀製麺」のアジア戦略…マレーシアのヌードルショップを傘下に

  2. DaburがOdomosと協力し装着可能な虫除けを開発…インド

    DaburがOdomosと協力し装着可能な虫除けを開発…インド

  3. 蚊よけ成分配合の塗料、関西ペイント子会社が発表…マレーシア

    蚊よけ成分配合の塗料、関西ペイント子会社が発表…マレーシア

  4. プロドゥア、新アクセサリブランド「ギアアップ」を発表

  5. オーストラリア、新予算案で「ワーキング・ホリデーに32.5%課税」の決断

  6. アジアの大学ランキング、マラヤ大学は29位に上昇…マレーシア

  7. 三井物産やJR西日本、ブラジル都市旅客鉄道事業出資で合意…南米展開を加速

  8. 【川崎大輔の流通大陸 】マレーシアの中古車 リコンカーとは?

  9. 【東京オリンピック2020】ブラヒムズ、ハラル食提供目指し準備 日本市場への輸出に本腰

  10. 過密するタンソンニャット国際空港とロンタン新国際空港計画の行方 ベトナム

アクセスランキングをもっと見る