マクドナルドがバーガー類のカロリーをカット…インド

エマージング・マーケット インド・南アジア

世界最大級のレストランチェーンであるマクドナルドが、全てのバーガー類の脂肪分40%にあたる50~60カロリーをカットし、フライドポテトの塩分については20%カットしたとエコノミックタイムスが伝えた。

これは消費者が健康志向になっていることを受けたものであり、マクドナルドはインドでこの4年間、より健康的なメニューの開発を行ってきた。

朝食にグリルメニューを加え、エッグバーガーや脂肪分3%以下のアイスクリームをカロリーおよびタンパク質、脂肪、炭水化物の含有量を表示して販売している。

西インドおよび南インドでマクドナルド200店舗以上とマックカフェ30店舗を展開するWestlife Developmentのアミット・ジャティア副社長は、消費者がその志向に基づいて商品を選ぶことができるように、高タンパク質低脂肪の商品も視野に入れていくと話している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エマージング・マーケット アクセスランキング

  1. 百均のワッツ、マレーシア1号店を1日開業…「こものや」IOIモール内に

    百均のワッツ、マレーシア1号店を1日開業…「こものや」IOIモール内に

  2. 【川崎大輔の流通大陸】アジア中古車流通の現状と課題

    【川崎大輔の流通大陸】アジア中古車流通の現状と課題

  3. 人件費の大幅増が経営に影響、労働集約型で特に顕著

    人件費の大幅増が経営に影響、労働集約型で特に顕著

  4. マレーシア電気料金値上げ、来年第1四半期に発表=マイパワーコープ

  5. タタ・モーターズ、起死回生のGenX ナノを発売…価格は22万から29万ルピー

  6. 女子体操金メダル選手に批判、服装が相応しくない…マレーシア

  7. 米ハンバーガー・チェーン「ジョニーロケッツ」インドに進出

  8. タタ、グジャラート州の「ナノ」工場を一時閉鎖…需要低下で

  9. 中国、コルカタ地下鉄へ車両提供…インド

  10. コルカタ・メトロ、13年振りに運賃値上げ

アクセスランキングをもっと見る