【大阪オートメッセ15】大阪トヨペット、LFA と 86 のD1車両を出展…存在感放つ

自動車 ニューモデル モーターショー

OTGが製作したD1 LFA
  • OTGが製作したD1 LFA
  • OTGが製作したD1 LFA
  • OTGが製作したD1 LFA
  • OTGが製作したD1 LFA
  • D1 LFAに搭載されたNASCAR TRD製V8エンジン
  • D1 86やD1 LFAに搭載されているNASCAR TRD製V8エンジン
  • 大阪トヨペットのブース
大阪トヨペットは、2月13日から15日までの3日間、インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2015」に、同社のモータースポーツ部門である「OTGモータースポーツ」が製作したD1グランプリ参戦車両やカスタマイズモデルを出展した。

トヨタ/GAZOO Racingのブースがある5号館の一角、地元販社である大阪トヨペットのブースで一際目を引いたのが、OTG(大阪トヨペットグループ)が製作したレクサス LFAのD1車両だ。ノーマルのLFAにある上品なたたずまいは、そこはかとなく残るものの、オーバーフェンダーや巨大なリアスポイラー等で武装されたボディには、得体のしれない凄みが漂う。

その心臓部に収まるのは、ノーマルのV10とトランスアクスル式セミオートマチックではなく、NASCAR用のTRD製V8エンジンとシーケンシャルミッション。現状でも800psほどあるようだが、今年のD1にはターボを装着して1000ps以上とし、参戦する予定だという。

また、その横にあったのは、2014年のD1グランプリにフル参戦したOTGのD1 86。外観は86だが、こちらも同じくNASCARのTRD製V8エンジンを搭載する。会場にいたメカニック担当者によれば「重いが、非常に丈夫なエンジン」とのことだ。

OTGは昨年、D1グランプリ以外にも、SUPER GT参戦チーム「LM corsa」で、BMW Z4を GT300クラスで走らせており、今年はそのZ4に加えて、目下開発の真っ最中である新型車両、「レクサス RC F GT3」も投入する予定。また、昨年同様に、86/BRZレースにも2台体制で参戦する。一般的に、お堅い印象のあるトヨタ販社だが、大阪トヨペットに限っては例外と言えそうだ。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

    【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  2. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  5. 【ホンダ NSX 新型】寺谷日本本部長「9月上旬までに200台の受注」

  6. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びの追求はホンダの永遠のテーマ」

  7. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  8. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  9. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  10. 【日産 セレナ 新型】星野専務「この車をテコにいいサイクルに持っていきたい」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら