【シカゴモーターショー15】三菱 コンセプト GC-PHEV、北米初公開…将来の市販車の技術とデザインを提示

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
三菱自動車は2月12日、米国で開幕したシカゴモーターショー15において、『コンセプト GC-PHEV』を北米初公開した。

コンセプト GC-PHEVは2013年秋、東京モーターショー13でワールドプレミア。3.0リットルV型6気筒スーパーチャージャー「MIVEC」エンジン、8速AT、高出力モーター、大容量バッテリーなどで構成するFRタイプのPHEVシステムを搭載。オールラウンドSUVに相応しい走りを実現するフルタイム4WDの次世代大型SUVを提示したのが、コンセプト GC-PHEV。

また、コンセプト GC-PHEVには、次世代の情報システムを活用したコネクティッドカー技術と、予防安全技術を導入。危険を察知して安全機能を的確に作動させる安全機能や、故障や異常を早期に発見して修理やメンテナンスを促す安心機能を採用した。

今回、シカゴモーターショー15では、このコンセプト GC-PHEV が北米初公開。東京モーターショー13でのワールドプレミアからおよそ1年半が経過して、シカゴで北米初公開した理由は何か。それは三菱自動車が将来、米国市場に投入する新型車と、密接な関係があるため。

三菱モータースノースアメリカのドン・スウェアリジェン上級副社長は、「コンセプト GC-PHEVをシカゴで披露したのは、将来の技術とデザインを示す1台だから。コンセプト GC-PHEVのアグレッシブなデザインと高い洗練度は、今後の三菱車に反映されるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

    米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  2. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  3. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  4. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  7. アウディ A5 クーペ 新型、欧州での受注を開始

  8. ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売

  9. 【ペブルビーチ16】BMW、謎のコンセプトカーを初公開へ

  10. ダイハツ、マレーシアでAセグメントセダン べザ を発売…軽で培った技術を投入

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら