ホンダ伊東社長、エアバッグの調査リコール加速を強調

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ伊東孝紳社長(13日)
  • ホンダ伊東孝紳社長(13日)
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード
ホンダの伊東孝紳社長は2月13日、旭川市で記者団の取材に応じ、タカタ製エアバッグのリコール問題について「(世界で)いわゆる調査リコールを早めていきたい」と述べ、原因究明も目的としたリコールの加速を改めて強調した。

この問題について伊東社長は「(不具合の)原因が分からないので、いかに早く進めるかに、われわれは準備して取り組んいる」と述べた。タカタ製エアバッグを巡ってホンダが世界で実施するリコールは、約1430万台に及ぶ。このうち、およそ半数が、原因究明を主目的にホンダが計画している調査リコールとなる。

国内外で約10社の自動車メーカーがこのリコールの対象となっており、交換部品であるインフレーター(膨張装置)の生産もひっ迫している。このため、伊東社長はタカタ以外のメーカーからもインフレーターの調達促進を進めていると明らかにした。

一方、タカタへとの関係ついては、「調査リコールを推進するにはタカタさんの協力が必要。“支援”というかは別として、協力していかねばならない」とし、タカタの経営状況は注視していく意向を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

    三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 損保ジャパン日本興亜、「滋賀のけんみん自転車保険」の幹事引受保険会社に選定

  8. 三菱自、企業倫理委員会の終了を決定…リコール隠し事件後の取締役会諮問機関

  9. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位…4月

  10. ITSジャパン、会長に佐々木トヨタ自動車相談役・技監が就任

アクセスランキングをもっと見る