テラモーターズ、カンボジアに電動バイクの正規代理店1号店を開設

モーターサイクル 企業動向

電動二輪・三輪の開発・製造・販売を行うテラモーターズは1月22日、カンボジアの正規代理店1号店を首都プノンペンに開設した。

同代理店はテラモーターズの3S基準(セールス、サービス、スペアパーツ)を満たした、カンボジアのテラモーターズ正規代理店1号店。カンボジアの財閥 リーブラザーズが同事業向けに設立したリーブラザーズモーターズとの業務提携の下、開設した。

カンボジアは平均年齢が約25歳と若く、また実質GDP成長率はここ数年7%前後の高水準を保っており、これから二輪車の普及期を迎える。特に首都プノンペンには高級自動車やバイクのユーザーも多く、まずはプノンペンの感度の高いバイクユーザーに電動バイクをアピールすることで、電動バイクの普及を促進していく。

1月22日に行われた1号店のオープニングセレモニーでは、世界初のスマホと繋がる電動バイク『A4000i』をカンボジアで正式に販売開始した。A4000iは、48V40Ahのリチウムバッテリーと4KWの高出力モーターを搭載。最高速度60km/h、1充電の航続距離60km、充電時間4.5時間という、高スペックを実現している。

テラモーターズでは、カンボジアでA4000iをフラッグシップモデルとしてアピールするとともに、低価格製品も年内に市場投入し、幅広いラインアップを提供する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

    【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  5. 【スズキ GSR250F 試乗】“250ツアラー”、競合フルカウルとは明確な違い…青木タカオ

  6. モトグッツィ、V9ボバー を日本導入…先行受注を開始

  7. 【スズキ アドレス110 発表】“通勤快速”スクーター、アドレスV125 との違いは

  8. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  9. 【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2

  10. 【東京モーターサイクルショー16】ワイズギアが提案する「究極のヘルメット」、多機能でもリーズナブル

アクセスランキングをもっと見る