日産自動車、自動ブレーキ搭載車種を拡大…2015年度中に全カテゴリーへ

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は1月23日、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の採用車種を拡大。2015年度中に、国内で発売している電気自動車、商用車を含むほぼすべてのカテゴリーに搭載を完了すると発表した。

エマージェンシーブレーキは現在、『スカイライン』『エクストレイル』『セレナ』『ノート』『デイズ』『デイズルークス』の6車種に搭載。スカイライン、エクストレイル、ノートの3車種は、最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定されるなど、その安全性が高く評価されている。

日産は2020年までに自動運転技術の段階的な実用化を目指している。今回のエマージェンシーブレーキの搭載車種拡大は、自動運転につながる要素技術である「カメラ認知技術」や「操作自動化技術」を活用し、これらの技術がもたらす安全性をより早くユーザーに提供するものだ。

また、これらの要素技術は、エマージェンシーブレーキだけではなく、「アラウンドビューモニター」、「インテリジェントパーキングアシスト」、「スマートルームミラー」にも取り入れており、こうした技術も今後積極的に搭載車種の拡大を図っていく予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品