新成人が欲しい車、トップはプリウス…ソニー損保調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • 日産・キューブ
ソニー損保は、新成人のカーライフ意識調査のアンケート結果を発表した。それによると、欲しい車のトップはトヨタ『プリウス』、2位は日産『キューブ』、3位はBMW『3シリーズ/5シリーズ』だった。

男女別にランキングをみると、男性の1位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」(18.1%)、2位は「プリウス」(16.6%)、3位は「フィット」(14.5%)となっている。一方、女性の1位は「キューブ」(22.1%)、2位はトヨタ『パッソ』(16.3%)、3位はプリウスと日産『マーチ』(ともに16.0%)と、上位に軽自動車やコンパクトカーが多く挙がった。

現在の自動車運転免許保有状況では、ATとMTを合わせた「自動車運転免許を持っている」が57.1%だった。運転免許保有者に、車の所有状況を聞いたところ、「自分の車がある」12.9%、「自分の車を購入する予定がある」が6.6%、「購入する予定はないが、いずれは欲しい」が54.3%、「購入するつもりはない」が26.2%だった。

カーライフで1か月に掛けられるお金では、掛けられない、掛けたくないとする意見の「0円」が9.0%、「5000円以内」が21.9%、「5001円~1万円」が22.2%となり、平均額は1万8656円だった。

また「若者の車離れ」と呼ばれる状況について聞いたところ、「あてはまる」が37.9%、「あてはまらない」が33.5%、「どちらとも言えない」が28.6%となった。そのほかの項目では、「車に興味がある」人が45.5%ながら、「車を所有する経済的な余裕がない」が70.7%となっている。車に興味がないわけではなく、所有する余裕がないことが、多くの新成人の実感なのかもしれない。

今回のアンケートでは、昨年11月20日から11月28日の8日間、新成人の男女各500名、合計1000名に対し、インターネットリサーチを行った。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  3. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  4. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  5. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  6. 日系自動車メーカーの海外生産、7年連続増加の1830万台…2015年度

  7. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  8. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  9. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  10. マツダ アクセラ、累計生産500万台を達成…12年10か月は同社最短記録

アクセスランキングをもっと見る