新成人が欲しい車、トップはプリウス…ソニー損保調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • 日産・キューブ
ソニー損保は、新成人のカーライフ意識調査のアンケート結果を発表した。それによると、欲しい車のトップはトヨタ『プリウス』、2位は日産『キューブ』、3位はBMW『3シリーズ/5シリーズ』だった。

男女別にランキングをみると、男性の1位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」(18.1%)、2位は「プリウス」(16.6%)、3位は「フィット」(14.5%)となっている。一方、女性の1位は「キューブ」(22.1%)、2位はトヨタ『パッソ』(16.3%)、3位はプリウスと日産『マーチ』(ともに16.0%)と、上位に軽自動車やコンパクトカーが多く挙がった。

現在の自動車運転免許保有状況では、ATとMTを合わせた「自動車運転免許を持っている」が57.1%だった。運転免許保有者に、車の所有状況を聞いたところ、「自分の車がある」12.9%、「自分の車を購入する予定がある」が6.6%、「購入する予定はないが、いずれは欲しい」が54.3%、「購入するつもりはない」が26.2%だった。

カーライフで1か月に掛けられるお金では、掛けられない、掛けたくないとする意見の「0円」が9.0%、「5000円以内」が21.9%、「5001円~1万円」が22.2%となり、平均額は1万8656円だった。

また「若者の車離れ」と呼ばれる状況について聞いたところ、「あてはまる」が37.9%、「あてはまらない」が33.5%、「どちらとも言えない」が28.6%となった。そのほかの項目では、「車に興味がある」人が45.5%ながら、「車を所有する経済的な余裕がない」が70.7%となっている。車に興味がないわけではなく、所有する余裕がないことが、多くの新成人の実感なのかもしれない。

今回のアンケートでは、昨年11月20日から11月28日の8日間、新成人の男女各500名、合計1000名に対し、インターネットリサーチを行った。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  2. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

    マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  3. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

    【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  4. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  5. ボッシュ、VW問題に声明「メーカー指定の部品を供給しただけ」

  6. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  7. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. トヨタの欧州販売、5.6%増の47万台…2年ぶり増加 上半期

  10. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら