【ロサンゼルスモーターショー14】マツダ CX-5 改良新型、内外全域に及んだ大幅刷新[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
マツダは、米国・カリフォルニアで開催されたロサンゼルスモーターショー14で、SUVモデル『CX-5』の改良新型を世界初公開した。エクステリアを刷新し、フロントグリルにはグレーメタリック塗装で水平基調のフィンを配し、ユニット内シグネチャーLEDを組み込んだLEDヘッドランプの採用など、より精悍かつ引き締まったフロントビューとなった。同じくテールランプもLEDシグネチャーを採用したコンビネーションランプとなっている。

刷新箇所はインテリアにも及び、水平方向に広がるインストゥルメントパネル採用により、コクピットは、ドライバーオリエンテッドな空間を、助手席では開放的な空間を実現した。その他電動パーキングブレーキ、カーコネクティビティ「マツダ コネクト」の標準装備化により操作性をアップ。車体面では新構造の前後ダンパー採用とフロントロアアームのブッシュ形状最適化による乗り心地の向上など、車体全体に及ぶ大幅改良となっている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

    スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  8. 【ワークスチューニング】トヨタ TRD ヴェルファイア…小さいパーツの大きな効果[写真蔵]

  9. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る