【ロサンゼルスモーターショー14】マツダ CX-5 改良新型、内外全域に及んだ大幅刷新[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ CX-5(ロサンゼルスモーターショー14)
マツダは、米国・カリフォルニアで開催されたロサンゼルスモーターショー14で、SUVモデル『CX-5』の改良新型を世界初公開した。エクステリアを刷新し、フロントグリルにはグレーメタリック塗装で水平基調のフィンを配し、ユニット内シグネチャーLEDを組み込んだLEDヘッドランプの採用など、より精悍かつ引き締まったフロントビューとなった。同じくテールランプもLEDシグネチャーを採用したコンビネーションランプとなっている。

刷新箇所はインテリアにも及び、水平方向に広がるインストゥルメントパネル採用により、コクピットは、ドライバーオリエンテッドな空間を、助手席では開放的な空間を実現した。その他電動パーキングブレーキ、カーコネクティビティ「マツダ コネクト」の標準装備化により操作性をアップ。車体面では新構造の前後ダンパー採用とフロントロアアームのブッシュ形状最適化による乗り心地の向上など、車体全体に及ぶ大幅改良となっている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  5. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら