オートカラーアウォード15、スズキ・ハスラーがグランプリ獲得

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

グランプリを獲得したスズキ・ハスラー
  • グランプリを獲得したスズキ・ハスラー
  • グランプリを獲得したスズキ・ハスラー
  • スズキ・ハスラー(パッションオレンジ)
  • スズキ・ハスラー(サマーブルーメタリック)
  • スズキ・ハスラー(キャンディピンク)
  • 花本博志JAFCA理事長(左)からトロフィーを受け取る江口奈津美デザイナー
  • 江口奈津美デザイナー
  • スズキ・ハスラーのデザインチーム
スズキの『ハスラー』が「オートカラーアウォード2015」のグランプリを獲得し、メガウェブで表彰式が行なわれた。日本流行色協会(JAFCA)は毎年、優れた車両のカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード」を実施。今回で17回目となる。

グランプリに選ばれたのはハスラーのパッションオレンジ、サマーブルーメタリック、キャンディピンクメタリックという3色にホワイト2トーンルーフを組み合わせた外観と、ダークグレー(内装色)のコンビネーション。1つのカラーリングではなく、ラインナップにある3色を合わせての受賞だ。

審査中は、カラーデザインのコンセプトがユーザーのライフスタイルに合致していることが高く評価され、エントリー車両のなかで圧倒的な支持を得ていたという。

審査員からは「色のイメージが、ハスラー全体のデザイン開発をリードしたことがわかる」「楽しいイメージがわかりやすくユーザーに伝わっている」といったコメントが聞かれた。色によるメッセージの発信力や明快さが評価されたようだ。

またフロアマットまでも明快なコンセプトでデザインされ、内外装のコーディネートに活用している点も高評価されたとのこと。

ハスラーのカラーデザインを担当した江口奈津美デザイナーは「学生時代にこのアウォードを知り、カラーデザイナーを志した。だからグランプリ獲得は本当に嬉しい」と喜びを語っている。
《古庄 速人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品