【ホットロッド カスタムショー14】「何でもアリ」なカスタムの祭典、会場内は熱気

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
  • ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2014
強烈な個性を放つカスタムバイクやクルマ、そしてそれを目当てに集まった人でごった返すパシフィコ横浜の展示会場は、もはやカオス。観客総数は昨年の1万5000人をゆうに超えているはず。12月7日、23回目を迎え、いまやワールドワイドにその名を轟かせる『ヨコハマ ホットロッド カスタム ショー』だ。

ここでは街なかではまず見かけることのない、日本のトップビルダーたちによって徹底的にカスタマイズされたバイクやクルマが所狭しと並べられ、カスタムフリークらにとってはまさにパラダイスロード。海外からも有名ビルダーやペインターが招かれ、国内外のカスタムトレンドが目の当たりにできる。

積まれているエンジンは、バイクに限れば旧いハーレーダビッドソンが主役で、1960~70年代は当たり前。戦前のものの珍しくなく、メーカーもトライアンフ、BMW、国産、なんでもあり。長いフロントフォークを寝かせて取り付け、できる限りナローにした「チョッパー」が多く目に付くが、テイストもスタイルも縛りはなく、さまざまだから見ていて飽きない。

クルマはもちろん『アメ車』が中心。ローダウンされた西海岸のスタイルで、これまた貴重な年代物がズラリ。ペイントもサイケデリックでド派手だ。

会場内の特設ステージでは、バンドの演奏や有名ビルダーのトークショーなどもあり、家族連れで訪れた人たちにも大好評。物品の販売もあり、1日いて飽きない熱いイベントとなっていた。

しかし、熱気を帯びるほどの盛り上がりは会場内でのみ。というのもここ数年、近隣からの騒音についての苦情が寄せられ、今年はついにバイクでの来場が禁止となり、みなとみらい地区での走行もNGとなった。

万が一、騒音問題のクレームが出た場合は、来年以降の開催が危ぶまれることを主催者である『MOONEYES』(MOON OF JAPAN,Inc.)が、メディアなどを通じてしっかり告知し、それを来場者らが厳守したことが大きく影響している。

来年以降の開催も期待したい。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

    【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  4. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  5. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

  6. 【スーパー耐久 第3戦】新型シビック タイプR、マーシャルカーとして登場

  7. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

  8. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  9. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

  10. 【F1 モナコGP】雨の決勝は波乱の連続、ハミルトン待望の今季初優勝

アクセスランキングをもっと見る