史上初の異種バイクレース、チュートリアル福田が特別参戦…12月14日 川口オート

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

チュートリアルの福田充徳さん
  • チュートリアルの福田充徳さん
  • 川口オートレース場
JKAは、12月14日に川口オートレース場で行われる、異種二輪競技混合のエキシビションレース「オーバルスーパーバトル IN 川口2014」に、ロードレース好きで知られるチュートリアルの福田充徳さんが参戦すると発表した。

今回のレースは、1周500メートルのオーバルコースを舞台に、8名の現役ロードレーサーと、かつてロードレーサーで現在はオートレースで活躍している3名が、エキシビションレースで対決するというもの。オートレースが採用している距離ハンデ制により、「GP2レーサー VS オートレーサー」、「JSBレーサー VS オートレーサー」の2レースを実施する。

オートレーサーのマシンは、KTM『デューク390』を使用し、ロードレーサーは、全日本ロードレースに参戦しているマシン(JSB、GP2)を使用。福田さんはKTMのマシンでGP2レーサー VS オートレーサーのレースに特別参戦する。

オートレースからは、元世界GP125cc 2年連続チャンピオンの青木治親、元GP250日本チャンピオンの青山周平、元全日本ロードレースJSBクラスチャンピオンの渡辺篤の3名。一方ロードレースからは、JSBクラス、GP2クラスのそれぞれ今年度ランク10位以内のトップレーサー8名が参戦。オーバルコースに長けたオートレーサーが勝つか、現役ロードレーサーが勝つか、史上初のバトルが川口オートレース場で展開される。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品