【スズキ レッツ 新型発表】新エンジンで燃費を高めたロングセラー50cc

モーターサイクル 新型車

スズキ レッツG(左)、レッツ(右)
  • スズキ レッツG(左)、レッツ(右)
  • スズキ レッツG(左)、レッツ(右)
  • スズキ レッツ G
  • スズキ レッツ G
  • スズキ レッツ / G
  • スズキ レッツG
  • スズキ レッツ
  • スズキ レッツ
スズキは11月19日、50ccの原動機付自転車『レッツ』および『レッツG』の新型を発表した。レッツGは12月11日、スタンダードのレッツは2015年3月13日より発売する。価格はレッツGが15万4440円、レッツが14万3640円。

レッツシリーズは、軽さと扱いやすさを特徴とするロングセラーモデル。今回は、その特徴を継承しつつ、新設計のフューエルインジェクション式空冷エンジンを採用することにより、WMTCモード54.8km/リットルの燃費性能を実現した。シート下トランク、フロントインナーラック、スタンドグリップなどの使い勝手を考慮した装備と相まり、通勤、通学などの日常の足としての実用性を高めている。

また、11日より発売される上位機種のレッツGには、専用装備としてシルバーのホイール、メッキ処理を施したミラーやグリップエンド、クリアレンズの前後ウインカーなどが装備される。

カラーはレッツGがピンク、ブラウン、シルバー、ホワイトの全4色。レッツにはブルー、ベージュ、ブラック、ホワイトの4色を設定。
《阿部哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品