青い森鉄道のコンビニ券が好調…発売期間を延長へ

鉄道 企業動向

コンビニでの発売期間がこのほど延長された「青い森ホリデーフリーきっぷ」は、土曜・休日などに限り青い森鉄道線が1日自由に乗り降りできる。写真は青い森鉄道の列車。
  • コンビニでの発売期間がこのほど延長された「青い森ホリデーフリーきっぷ」は、土曜・休日などに限り青い森鉄道線が1日自由に乗り降りできる。写真は青い森鉄道の列車。
  • 「青い森ホリデーフリーきっぷ」は三沢駅(写真)など駅員がいる駅でのみ発売していたが、9月から全国コンビニでの発売も始めた。
青い森鉄道は11月12日、青い森鉄道線の1日フリー切符「青い森ホリデーフリーきっぷ」のコンビニ券について、発売期間を2015年春まで延長すると発表した。

「青い森ホリデーフリーきっぷ」は、青い森鉄道線の青森(青森市)~目時(三戸町)間121.9kmが土曜・休日と特定の日に限り、1日自由に乗り降りできるフリー切符。発売額は大人2060円・子供1030円。全区間を片道利用するだけでも、「ホリデーフリー」の方が普通運賃(大人・片道)より約1000円安くなる。

従来は駅員がいる駅の窓口のみで発売していたが、9月19日からコンビニエンスストアでの販売を開始。全国のローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクス・ミニストップ・セブン―イレブンに設置されている情報端末機を使って申込券を発券し、レジで支払って切符を受け取ることができるようになった。

青い森鉄道は当初、コンビニでの発売期間を12月21日までとし、それ以降の発売は決まり次第案内するとしていた。今回、「売り上げが好調に推移している」ことを受け、発売期間を延長することにしたという。

コンビニ券の新たな発売期間は2015年3月31日まで。利用可能日は2015年4月30日までの土曜・休日と12月23日~2015年1月7日、4月29・30日になる。発売額や切符の効力などは、駅で発売している「ホリデーフリー」と変わらない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 京成電鉄の非常停止を重大インシデントに認定---運輸安全委員会

    京成電鉄の非常停止を重大インシデントに認定---運輸安全委員会

  2. JR東日本と八幡平市、大更駅の工事協定を締結…来年度末の完成めざす

    JR東日本と八幡平市、大更駅の工事協定を締結…来年度末の完成めざす

  3. JR東海&16私鉄が2日間乗り放題…フリー切符を通年発売

    JR東海&16私鉄が2日間乗り放題…フリー切符を通年発売

  4. 鉄道事業者が「ポケモンGO」開発者らに要望書---JRなど32社

  5. ブエノスアイレスから帰国した営団500形、その仲間たちを東京・千葉で見る

  6. 緩行線の線路を敷き、複々線の停車場に…工事中の登戸駅[フォトレポート]

  7. 日本車輌製造、営業赤字に転落…米国事業低迷など 2016年4-6月期決算

  8. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  9. 東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」増床…デイリーニーズに対応

  10. 千葉県内の鉄道やバスが2日間乗り放題…JR東日本、期間限定で発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら