青い森鉄道のコンビニ券が好調…発売期間を延長へ

鉄道 企業動向

コンビニでの発売期間がこのほど延長された「青い森ホリデーフリーきっぷ」は、土曜・休日などに限り青い森鉄道線が1日自由に乗り降りできる。写真は青い森鉄道の列車。
  • コンビニでの発売期間がこのほど延長された「青い森ホリデーフリーきっぷ」は、土曜・休日などに限り青い森鉄道線が1日自由に乗り降りできる。写真は青い森鉄道の列車。
  • 「青い森ホリデーフリーきっぷ」は三沢駅(写真)など駅員がいる駅でのみ発売していたが、9月から全国コンビニでの発売も始めた。
青い森鉄道は11月12日、青い森鉄道線の1日フリー切符「青い森ホリデーフリーきっぷ」のコンビニ券について、発売期間を2015年春まで延長すると発表した。

「青い森ホリデーフリーきっぷ」は、青い森鉄道線の青森(青森市)~目時(三戸町)間121.9kmが土曜・休日と特定の日に限り、1日自由に乗り降りできるフリー切符。発売額は大人2060円・子供1030円。全区間を片道利用するだけでも、「ホリデーフリー」の方が普通運賃(大人・片道)より約1000円安くなる。

従来は駅員がいる駅の窓口のみで発売していたが、9月19日からコンビニエンスストアでの販売を開始。全国のローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクス・ミニストップ・セブン―イレブンに設置されている情報端末機を使って申込券を発券し、レジで支払って切符を受け取ることができるようになった。

青い森鉄道は当初、コンビニでの発売期間を12月21日までとし、それ以降の発売は決まり次第案内するとしていた。今回、「売り上げが好調に推移している」ことを受け、発売期間を延長することにしたという。

コンビニ券の新たな発売期間は2015年3月31日まで。利用可能日は2015年4月30日までの土曜・休日と12月23日~2015年1月7日、4月29・30日になる。発売額や切符の効力などは、駅で発売している「ホリデーフリー」と変わらない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  4. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  5. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  6. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  7. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  8. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  9. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  10. JR東日本、北陸新幹線トンネル内で初の携帯電話サービス…6月28日から

アクセスランキングをもっと見る