米運輸省、フェラーリに約4億円の制裁金…安全報告を怠る

自動車 ビジネス 企業動向

フェラーリ F12ベルリネッタ(参考画像)
  • フェラーリ F12ベルリネッタ(参考画像)
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ。同社が米国において、日本円で4億円近い多額の制裁金を科せられることが判明した。

これは10月31日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「フェラーリに対して、350万ドル(約3億9300万円)の制裁金を科する」と発表している。

日本円で4億円に近い多額の制裁金を科せられた理由は、何か。それは、安全問題についての定期報告を怠ったため。NHTSAによると、フェラーリは2011年以降、法律で定められている年に4度の安全に関する報告を、NHTSAに行っていないという。

中でも、NHTSAが問題視しているのは、2011年からの3年間に、米国でフェラーリ車による事故で乗員3名が死亡したという事実を、フェラーリがNHTSAに報告していない点。

米国運輸省のアンソニー・フォックス長官は、「ドライバーの安全性を保つための法律に従わないことに、言い訳はない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  4. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  7. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  8. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら