【デトロイトモーターショー15】GM の PHV、シボレー ボルト 次期型…パワートレインを先行公開

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
米国の自動車最大手、GMは10月28日、次期シボレー『ボルト』のパワートレインの概要を明らかにした。実車は2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開される。

現行シボレーボルトは、GMが2010年末、米国市場で発売したプラグインハイブリッド車(PHV)。モーターは最大出力150ps、最大トルク37.7kgmを引き出し、最高161km/hまで加速させる。二次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリー。充電時間は一般家庭用の120V電源で約8時間、240Vの急速チャージャーで約3時間。

フル充電時の最大航続距離は約64km。バッテリー残量が少なくなると、発電用の1.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。その結果、航続可能距離は480km以上まで伸びる仕組み。

2世代目となる次期ボルトでは、パワートレインを一新。2モーターのPHVシステムは、現行比で電費効率をおよそ5-12%引き上げる。加速性能は、現行比で20%以上アップ。45kgの軽量化も実現する。

また、二次電池は、韓国のLG化学と共同開発。蓄電容量は、現行比で20%向上させ、EVモード時の航続距離を伸ばす。セルの総数は288から192へ低減。バッテリー単体重量も、13kg軽量化を図る。

さらに、発電用の直列4気筒ガソリンエンジンは、排気量を現行の1.4リットルから1.5リットルに拡大。新開発の直噴ユニットとなる。なおGMは、次期ボルトのパワートレインの画像を、先行公開している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

    VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  2. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

    日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  5. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  6. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  7. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  8. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  9. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  10. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

アクセスランキングをもっと見る