【デトロイトモーターショー15】GM の PHV、シボレー ボルト 次期型…パワートレインを先行公開

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
  • シボレー ボルト 次期型のパワートレイン
米国の自動車最大手、GMは10月28日、次期シボレー『ボルト』のパワートレインの概要を明らかにした。実車は2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開される。

現行シボレーボルトは、GMが2010年末、米国市場で発売したプラグインハイブリッド車(PHV)。モーターは最大出力150ps、最大トルク37.7kgmを引き出し、最高161km/hまで加速させる。二次電池は、蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリー。充電時間は一般家庭用の120V電源で約8時間、240Vの急速チャージャーで約3時間。

フル充電時の最大航続距離は約64km。バッテリー残量が少なくなると、発電用の1.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。その結果、航続可能距離は480km以上まで伸びる仕組み。

2世代目となる次期ボルトでは、パワートレインを一新。2モーターのPHVシステムは、現行比で電費効率をおよそ5-12%引き上げる。加速性能は、現行比で20%以上アップ。45kgの軽量化も実現する。

また、二次電池は、韓国のLG化学と共同開発。蓄電容量は、現行比で20%向上させ、EVモード時の航続距離を伸ばす。セルの総数は288から192へ低減。バッテリー単体重量も、13kg軽量化を図る。

さらに、発電用の直列4気筒ガソリンエンジンは、排気量を現行の1.4リットルから1.5リットルに拡大。新開発の直噴ユニットとなる。なおGMは、次期ボルトのパワートレインの画像を、先行公開している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

    マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  3. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  4. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  5. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  6. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  9. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  10. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら