マツダ アテンザ のディーゼル、24時間連続で高速走行…平均車速221km/hの新記録を申請中

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ6(アテンザ)のディーゼル搭載車による24時間連続高速走行
  • マツダ6(アテンザ)のディーゼル搭載車による24時間連続高速走行
  • マツダ6(日本名:アテンザ)
マツダの欧州法人、マツダ・モーター・ヨーロッパは10月22日、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)のディーゼルエンジン搭載車が、24時間連続の高速走行を行い、20のスピード記録を打ち立て、現在、記録の公認を申請中であることを発表した。

このアテンザのディーゼルは、日本でもお馴染みの「SKYACTIV-D」搭載車。2.2リットル直列4気筒ターボディーゼルは、欧州仕様の場合、最大出力175psを発生する。

マツダ・モーター・ヨーロッパは、アテンザのディーゼル搭載車をドイツのATPテストコースに持ち込み、24時間連続の高速走行に挑戦。FIA(国際自動車連盟)が認める20のスピード記録の更新を目指した。

アテンザが24時間で走った距離は、5300km。プロドライバーやジャーナリストなど、欧州7か国から集まった23名が、交代で3台のアテンザのステアリングホイールを握った。

FIAの20のスピード記録の中で、注目できるのは、ディーゼル市販車2.0-2.5リットルクラスでの速度記録(24時間での平均車速)。アテンザは従来の記録の210km/hを11km/h上回る、221km/hの新記録を達成した。なお現在、マツダ・モーター・ヨーロッパでは、これら20の記録の公認を、FIAに申請している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

    【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  3. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. レクサス LX 570、ランクル 200 とオフロードテスト[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら