GM、米国で キャデラック と サーブ 29万台をリコール…サスペンションに不具合

自動車 テクノロジー 安全

キャデラックSRX
  • キャデラックSRX
  • サーブ9-4X
大規模なリコール(回収・無償修理)問題が起きている米国の自動車最大手、GM。同社が米国市場において、新たに約29万台のリコールを実施する。

これは10月6日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「GMから、キャデラックを含む約29万台のリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、サスペンションの不具合によるもの。NHTSAによると、リアサスペンションのトー・アジャスター・リンクが緩む可能性があり、走行中、車両の制御ができなくなり、事故のリスクが高まるという。

リコールの対象となるのは、2010-2015年モデルのキャデラック『SRX』と、GM傘下だった時期のサーブの『9-4X』の2011-2012年モデル。米国で販売された29万0241台が、リコールに該当する。

GMは対象車を保有する顧客に連絡。販売店で点検を行い、トー・アジャスター・リンクが緩んでサスペンションが損傷していた場合、部品を交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

    【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  2. ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

    ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

    【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  4. フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

  5. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  6. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  7. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  8. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  9. 【GARMIN Edge 25J インプレ前編】入門機と侮るなかれ、コスパ上々の超軽量GPSサイクルコンピュータ

  10. 日産の自動運転技術搭載車、伊勢志摩サミットでEUのトゥスク議長が試乗

アクセスランキングをもっと見る