GM、米国で キャデラック と サーブ 29万台をリコール…サスペンションに不具合

自動車 テクノロジー 安全

キャデラックSRX
  • キャデラックSRX
  • サーブ9-4X
大規模なリコール(回収・無償修理)問題が起きている米国の自動車最大手、GM。同社が米国市場において、新たに約29万台のリコールを実施する。

これは10月6日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「GMから、キャデラックを含む約29万台のリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、サスペンションの不具合によるもの。NHTSAによると、リアサスペンションのトー・アジャスター・リンクが緩む可能性があり、走行中、車両の制御ができなくなり、事故のリスクが高まるという。

リコールの対象となるのは、2010-2015年モデルのキャデラック『SRX』と、GM傘下だった時期のサーブの『9-4X』の2011-2012年モデル。米国で販売された29万0241台が、リコールに該当する。

GMは対象車を保有する顧客に連絡。販売店で点検を行い、トー・アジャスター・リンクが緩んでサスペンションが損傷していた場合、部品を交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. プリウス 新型デモカーも…フルデジタルサウンド&超高級オーディオ試聴会 7月2・3日

    プリウス 新型デモカーも…フルデジタルサウンド&超高級オーディオ試聴会 7月2・3日

  2. iOS版カーナビタイム、バージョンアップ…トンネル内でも正確な自車位置を表示

    iOS版カーナビタイム、バージョンアップ…トンネル内でも正確な自車位置を表示

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. PC版マピオン、でか字機能を追加…地図上の文字を拡大表示

  5. 富士通、東京都の交通渋滞を分析…商用車プローブデータを活用

  6. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

  7. ETCの登録型利用照会サービス...車載器持ってなくても登録OK

  8. アイサイトでどこまで自動運転ができるか…2020年スバルのオートパイロット

  9. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  10. 【パナソニック ストラーダ CN-F1D】“F”の称号に相応しいハイエンドカーナビめざした

アクセスランキングをもっと見る