「政界ターミネーター」バイク免許を取得...馬淵元国交相

自動車 社会 政治

馬淵澄夫選対委員長
  • 馬淵澄夫選対委員長
ボディビルで肉体を鍛え、政界ターミネーターの異名を取る馬淵澄夫選対委員長(元国土交通相)が9月に普通二輪免許を取得したことが、事務所への取材でわかった。

今年の夏頃から選挙区である地元奈良県の指定教習所に通い始め、約3か月ほどで取得した。

「議員連盟を再開する話があり、オートバイへの理解を深めるために、いちばん早い方法だろうと、免許取得に通い始めた」と、きっかけについて同事務所は説明した。

民主党内には二輪車ユーザーを支援する議員連盟があり、2011年には自民党との合同勉強会を開催したこともある。

しかし、同年、幹事長だった松木けんこう前代議士が菅内閣不信任決議案に賛成し除籍。12年には会長だった内山晃前衆議院議員が「新党きづな」を立ち上げ離党するなど主な役員が相次いで去った。

議連には今も枝野幸男党幹事長、武正公一元財務副大臣らが名を連ねているが、事務局長も空席のまま休眠状態になっている。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

    郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  2. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  3. 踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

    踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

  4. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  5. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  6. パイロット、550kmの深夜ドライブ直後に乗務

  7. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  8. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  9. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  10. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

アクセスランキングをもっと見る