日本カーオブザイヤーはどのクルマに?…10月13日、東京モーターフェス会場で発表

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ・デミオ XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル)
  • マツダ・デミオ XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル)
  • レクサス・NX 200t「version L」
  • メルセデスベンツ C180 アバンギャルド
  • スバル レヴォーグ
  • ダイハツ・コペン
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 昨年はVW ゴルフが選ばれた、2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー
今年最も優秀なクルマを選定する、2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーが10月13日に発表される。その最終選考会・表彰式が、東京モーターフェス2014会場内で実施される。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、毎年、市販を前提として日本国内で発表される乗用車のなかから選ばれ、そのクルマにタイトルを与え、その開発・製造事業者を称えるもの。

昨年はフォルクスワーゲン『ゴルフ』がイヤーカーに選ばれ、輸入車が初めてタイトルを獲得した。

今年の新型車を振り返ると、直近ではレクサス『NX』、マツダ『デミオ』、スバル『レヴォーグ』、日産『スカイライン』など、輸入車ではメルセデスベンツ『Cクラス』と、どのクルマが受賞してもおかしくない力作。シェアを拡大する軽自動車に対する評価も注目点だ。

今後のスケジュールは、10月1日にノミネート車の発表、10月1日~2日の10ベストカーを決定する投票期間を経て、10月8日に10ベストカー発表。10月11日~13日開催の東京モーターフェス2014会場内に10ベストカーが展示される。

日本カー・オブ・ザ・イヤーおよび各部門賞投票期間は10月8日~9日。10月13日に東京モーターフェス2014会場内にて最終選考会、表彰式が開催される。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. アウディ ジャパン、サブブランド「Audi Sport」導入を発表…Audi Sport Storeも展開

  8. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. 横浜ゴム、ストリートスポーツ ADVAN A052 発売、専用コンパウンドを新規開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら