日本カーオブザイヤーはどのクルマに?…10月13日、東京モーターフェス会場で発表

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ・デミオ XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル)
  • マツダ・デミオ XD ツーリング Lパッケージ(ディーゼル)
  • レクサス・NX 200t「version L」
  • メルセデスベンツ C180 アバンギャルド
  • スバル レヴォーグ
  • ダイハツ・コペン
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 昨年はVW ゴルフが選ばれた、2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー
今年最も優秀なクルマを選定する、2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーが10月13日に発表される。その最終選考会・表彰式が、東京モーターフェス2014会場内で実施される。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、毎年、市販を前提として日本国内で発表される乗用車のなかから選ばれ、そのクルマにタイトルを与え、その開発・製造事業者を称えるもの。

昨年はフォルクスワーゲン『ゴルフ』がイヤーカーに選ばれ、輸入車が初めてタイトルを獲得した。

今年の新型車を振り返ると、直近ではレクサス『NX』、マツダ『デミオ』、スバル『レヴォーグ』、日産『スカイライン』など、輸入車ではメルセデスベンツ『Cクラス』と、どのクルマが受賞してもおかしくない力作。シェアを拡大する軽自動車に対する評価も注目点だ。

今後のスケジュールは、10月1日にノミネート車の発表、10月1日~2日の10ベストカーを決定する投票期間を経て、10月8日に10ベストカー発表。10月11日~13日開催の東京モーターフェス2014会場内に10ベストカーが展示される。

日本カー・オブ・ザ・イヤーおよび各部門賞投票期間は10月8日~9日。10月13日に東京モーターフェス2014会場内にて最終選考会、表彰式が開催される。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. メルセデスベンツ / スマート 、国内販売価格を約2%値上げ…6月1日より

アクセスランキングをもっと見る