人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【EVEX14】元スバルの技術者がつくった8輪車EVバス、時速19kmで走行

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

東京ビッグサイトで開催された「EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2014」(9月17日~19日)で、ユニークなEVバスを発見した。それはシンクトゥギャザー(本社・群馬県桐生市)が中心になって開発した『eCOM-8』と名付けられたバスだ。

その最大の特徴は8輪車で、その8輪すべてにインホイールモーターを搭載した8輪駆動車であるということ。しかも、6輪転舵によりスムーズに曲がることができるという。「馬車をイメージしたバスで、最高速度も19km/hと非常に低速なんです。というのも、20km/h以下だと、基準が緩く、どこでも走れるからなんです。観光地での運行に最適で、周辺の風景や街並みをゆっくりと鑑賞できます」と宗村正弘社長は説明する。

実は宗村社長は元スバルの技術者で、『レオーネ』や『レガシィ』などの車体の開発に携わった。2007年に早期退職して新会社シンクトゥギャザーを設立。翌年、群馬大学次世代EV研究会に入会し、科学技術振興機構社会技術研究開発センターの依頼を受けてEVバスを開発することになったという。

そして、2011年に完成したEVバスがeCOM-8だったわけだ。全長4405mm、全幅1900mm、全高2450mmで10人乗り。リチウムポリマー電池を搭載し、約8時間の充電で40km走行できるそうだ。また、屋根には太陽光パネルが設置してあり、走行しながらバッテリーに充電できるようになっている。価格は1500万円。すでに8台売れ、地元桐生市をはじめ、宇奈月温泉(富山県)、水上温泉(群馬県)、マレーシアで活躍しているそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

    【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

  2. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

    スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  3. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

    【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  4. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  5. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  6. 中高生のレース参加、公休判断が選手育成で課題...AJ吉田会長

  7. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  8. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  9. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  10. レクサスの2017年SUPER GTレーサー、新型クーペ LC がベースか

アクセスランキングをもっと見る