【EVEX14】元スバルの技術者がつくった8輪車EVバス、時速19kmで走行

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

東京ビッグサイトで開催された「EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2014」(9月17日~19日)で、ユニークなEVバスを発見した。それはシンクトゥギャザー(本社・群馬県桐生市)が中心になって開発した『eCOM-8』と名付けられたバスだ。

その最大の特徴は8輪車で、その8輪すべてにインホイールモーターを搭載した8輪駆動車であるということ。しかも、6輪転舵によりスムーズに曲がることができるという。「馬車をイメージしたバスで、最高速度も19km/hと非常に低速なんです。というのも、20km/h以下だと、基準が緩く、どこでも走れるからなんです。観光地での運行に最適で、周辺の風景や街並みをゆっくりと鑑賞できます」と宗村正弘社長は説明する。

実は宗村社長は元スバルの技術者で、『レオーネ』や『レガシィ』などの車体の開発に携わった。2007年に早期退職して新会社シンクトゥギャザーを設立。翌年、群馬大学次世代EV研究会に入会し、科学技術振興機構社会技術研究開発センターの依頼を受けてEVバスを開発することになったという。

そして、2011年に完成したEVバスがeCOM-8だったわけだ。全長4405mm、全幅1900mm、全高2450mmで10人乗り。リチウムポリマー電池を搭載し、約8時間の充電で40km走行できるそうだ。また、屋根には太陽光パネルが設置してあり、走行しながらバッテリーに充電できるようになっている。価格は1500万円。すでに8台売れ、地元桐生市をはじめ、宇奈月温泉(富山県)、水上温泉(群馬県)、マレーシアで活躍しているそうだ。
《山田清志》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品