マグナ、米テネシー州にシート工場を建設…GMに供給へ

自動車 ビジネス 企業動向

カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナルは9月3日、米国テネシー州において、新たなシート工場の建設を開始した。

この新工場は、テネシー州のスプリングヒルに立地。敷地面積は、12万2500スクエアフィートとなる。

新工場は2015年1月、操業を開始する予定。自動車用のシートの生産を行う。同工場製のシートは、米国の自動車最大手、GMのテネシー州スプリングヒル工場に供給。GM車に搭載される。

新工場は、マグナインターナショナルにとって、テネシー州で5番目の拠点。2015年1月の稼働時には、およそ75名を雇用が見込まれる。

マグナインターナショナルのシート製造部門、マグナ・シーティングのマイク・ビション社長は、「この新工場は世界基準の生産体制を通じて、高品質な商品を届けるというGMへのコミットメントを示すもの」と述べている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品