スペース X、静止通信衛星「AsiaSat6」を打ち上げ

宇宙 企業動向

リフトオフ直前のファルコン 9
  • リフトオフ直前のファルコン 9
  • リフトオフ時のファルコン 9
  • 第1段の分離映像
2014年9月7日協定世界時午前5時(日本時間7日14時)、米スペース X社は静止通信衛星『AsiaSat 6』をフロリダ州ケープカナベラル空軍基地よりファルコン 9 v.1.1ロケットで打ち上げた。

ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたファルコン 9 v.1.1ロケットは、リフトオフから3分間第1段エンジンを燃焼し、3分後に第1段切り離しとフェアリング分離を行い、第2段エンジンを点火。9分後にパーキング軌道で第2段エンジンを止め、26分後に再点火した。スペース X打ち上げ中継サイトでは、予定通りおよそ32分後に静止トランスファ軌道で衛星アジアサット 6が分離したと発表しており、衛星との通信も確認したという。

アジアサット 6は、香港に本拠を置くアジアサット社の6機目の静止通信衛星。スペースシステムズ・ロラール社の1300衛星バスを元に開発され、28機のC帯のトランスポンダを搭載している。東経120度の静止軌道上で通信サービスを行い、運用寿命は15年を予定している。

8月5日のアジアサット8打ち上げに続き、当初はアジアサット 6も8月中に打ち上げを予定していた。しかし、8月22日にスペース X社の再使用型ロケット実験機『F9R』が打ち上げ試験中に異常を検知し、自己破壊した。F9Rと同型のエンジンを搭載するファルコン 9は安全確認のために8月26日に予定していたアジアサット 6の打ち上げを24時間延期した。さらに打ち上げは9月へと延期されていた。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

    先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  2. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

    すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  3. JAXA、ASTRO-Hに相乗りする超小型衛星4機を決定

    JAXA、ASTRO-Hに相乗りする超小型衛星4機を決定

  4. 油井宇宙飛行士ら第44次/第45次長期滞在クルー、ソユーズ宇宙船搭乗最終試験に合格

  5. JAXA、「1日宇宙記者」を募集…X線天文衛星「ASTRO-H」打ち上げを現地取材

  6. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  7. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  8. 油井宇宙飛行士による報告会「亀の恩返し」開催地を決定…岐阜や長野

  9. NASA 2017年の民間有人宇宙船開発にボーイングとスペース Xを選定

  10. 油井宇宙飛行士、多目的実験ラックを「きぼう」日本実験棟に設置へ

アクセスランキングをもっと見る