ヤマハ WR250R、YZシリーズと連動を図った新グラフィック採用

モーターサイクル 新型車

ヤマハ WR250R
  • ヤマハ WR250R
  • ヤマハ WR250R
  • ヤマハ WR250R
  • ヤマハ WR250R
ヤマハ発動機は、トレールモデル『WR250R』のグラフィックを変更し、9月10日より発売する。

新グラフィックは、「ディープパープリッシュブルーソリッド E」(ブルー)のガソリンタンク側面のシュラウド周りに施すとともに、リアフェンダーを車体色と同一にすることで、2015年モデル『YZシリーズ』と連動。スマッシュムーブメントのデザインコンセプトによる直線基調のボディと調和させ、力強さを強調している。

「WR」のロゴは、2015年モデルYZシリーズと同じく、がっちり感あるボールド系の書体を用い、その下側にはレースシーンにおけるテクニカルスポンサーをイメージするロゴを施した。

なお、「パープリッシュホワイトソリッド 1」(ホワイト)は継続設定となる。

価格は72万1440円。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品