三菱重工、本社ショールームをリニューアル…ジェット旅客機「MRJ」の特別展も

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工業は8月18日、東京・品川本社ビル2階ショールーム「M’s Square(エムズスクエア)」をリニューアルオープンした。

同社が今年4月にドメイン制に移行したのを受けて、技術・製品展示ゾーンを4つのドメイン(事業領域)別に再編成するとともに、180インチ大画面マルチディスプレイを導入した。また、グループのニュース・トピックスが閲覧できる「ニュースアーカイブコーナー」も新設した。

技術や製品を実機や模型、映像などにより詳しく紹介する「テクノロジーギャラリー」では、展示内容を「エネルギー・環境」、「交通・輸送」、「防衛・宇宙」、「機械・設備システム」の4ドメイン別に配置。グループの事業展開について顧客やコア技術などの視点から理解しやすくした。

180インチディスプレイの「M’sビジョン」は、60インチ×9画面の構成で、迫力のある製品画像や、各ドメインについて紹介した臨場感のある映像を上映する。

ニュースアーカイブコーナーは、展示スペース中央部のカーブスクリーンを利用して、4月以降に発表されたニュースをアーカイブ(保管記録)として蓄積していく。これらの情報を常に閲覧できるほか、特に話題となったものについてはトピックス映像で紹介する。

また、特別展示では国産初の次世代ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の特別展を開催する。機体の強度試験や飛行試験機の組み立てなど、さまざまな情報を最新の映像で紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  3. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  4. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  5. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. キャンピングカー旅行中の食事はどうしてる? 日本RV協会が調査

  10. アウトモビリ・ランボルギーニ、イタリア本社のミュージアムをリニューアル

アクセスランキングをもっと見る