クライスラーグループ、北米の アルファロメオ 担当責任者を任命

自動車 ビジネス 企業動向

米国の自動車大手、クライスラーグループは8月18日、レイ・ビッグランド氏を、北米におけるアルファロメオブランドの責任者に任命すると発表した。

アルファロメオは1995年を最後に、米国市場から撤退。当時は品質面での問題を抱えており、販売不振から撤退を決断した。しかし、2008年3月、フィアットとクライスラーグループのセルジオ・マルキオンネCEOは、アルファロメオの米国市場再参入の意向を表明。そのための準備を進めてきた。

そして2014年4月、ニューヨークモーターショー14において、アルファロメオ4Cを北米プレミア。同時に、アルファロメオブランドの北米市場復活を宣言した。まず2014年6月、導入記念車の『4Cローンチエディション』を、500台限定で発売。およそ20年ぶりに、米国市場に復活を果たしている。

8月18日、クライスラーグループは、レイ・ビッグランド氏を北米におけるアルファロメオブランドの責任者に任命。同氏は引き続き、クライスラーグループの米国営業担当責任者と、クライスラーカナダの社長兼CEOを兼任しながら、アルファロメオブランドの北米での強化に乗り出す。

セルジオ・マルキオンネCEOは、「レイ・ビッグランド氏は米国とカナダで、優れたリーダーシップを発揮してきた。今回の人事を、喜んで発表する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. メルセデスベンツ / スマート 、国内販売価格を約2%値上げ…6月1日より

アクセスランキングをもっと見る