クライスラーグループ、北米の アルファロメオ 担当責任者を任命

自動車 ビジネス 企業動向

北米におけるアルファロメオブランドの責任者に任命されたレイ・ビッグランド氏
  • 北米におけるアルファロメオブランドの責任者に任命されたレイ・ビッグランド氏
米国の自動車大手、クライスラーグループは8月18日、レイ・ビッグランド氏を、北米におけるアルファロメオブランドの責任者に任命すると発表した。

アルファロメオは1995年を最後に、米国市場から撤退。当時は品質面での問題を抱えており、販売不振から撤退を決断した。しかし、2008年3月、フィアットとクライスラーグループのセルジオ・マルキオンネCEOは、アルファロメオの米国市場再参入の意向を表明。そのための準備を進めてきた。

そして2014年4月、ニューヨークモーターショー14において、アルファロメオ4Cを北米プレミア。同時に、アルファロメオブランドの北米市場復活を宣言した。まず2014年6月、導入記念車の『4Cローンチエディション』を、500台限定で発売。およそ20年ぶりに、米国市場に復活を果たしている。

8月18日、クライスラーグループは、レイ・ビッグランド氏を北米におけるアルファロメオブランドの責任者に任命。同氏は引き続き、クライスラーグループの米国営業担当責任者と、クライスラーカナダの社長兼CEOを兼任しながら、アルファロメオブランドの北米での強化に乗り出す。

セルジオ・マルキオンネCEOは、「レイ・ビッグランド氏は米国とカナダで、優れたリーダーシップを発揮してきた。今回の人事を、喜んで発表する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

    トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  3. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  4. 【土井正己のMove the World】英国がEU離脱なら日本メーカーは英国離脱

  5. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  6. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  7. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  8. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  9. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  10. 日産、EU離脱派の英団体を提訴…ロゴマークを無断使用

アクセスランキングをもっと見る