JR西日本、森ノ宮駅改良で駅舎外観イメージ決定…来春完成へ

鉄道 企業動向

JR西日本がこのほど発表した森ノ宮駅の駅舎外観イメージ。「森」にちなんで外壁を緑化する。
  • JR西日本がこのほど発表した森ノ宮駅の駅舎外観イメージ。「森」にちなんで外壁を緑化する。
  • 8月1日から使用開始したコミュニケーションスペースと、2015年春完成予定の駅舎外観。右側が完成前、左側が完成後のイメージになる。
  • 現在の森ノ宮駅ホームの様子。
JR西日本はこのほど、大阪環状線森ノ宮駅(大阪市中央区)の改良について、駅舎外観のイメージを決めたと発表した。2015年春の完成を目指す。

同駅の改良は、JR西日本が進めている「大阪環状線改造プロジェクト」の一環。一部の工事が先行して進められており、8月1日からコミュニケーションスペースの使用を開始した。同時に大型のインフォメーションボードと案内サインも設置されている。

コミュニケーションスペースはホーム上の空きスペースを活用して整備されたもので、デジタルサイネージやLED照明などが設けられたほか、床や壁面を木目デザインにすることで駅名にちなんだ「森」を演出している。インフォメーションボードは従来の駅名看板に変わるもので、ホーム上に散在していた案内情報を集約。森ノ宮駅に不慣れな利用者にも分かりやすい案内とするため、行き先の方面をビジュアルで表現した大型案内サインも設置した。

JR西日本は今後も同駅の改良を進める。駅舎外観は、外壁を一部緑化するとともにホーム外壁も一部をガラス化し、「『森』へのつながり」を演出するという。ホームから大阪城を眺められる場所には「城見エリア」を整備。安全対策として転落防止柵を設けるとともに、床面には木目タイルを採用して「大阪城公園の樹々との一体感」が演出される。

駅舎外観は2015年春の完成を予定。城見エリアもそれまでに完成させる予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

    川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  2. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

    JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  3. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

    JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  4. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  5. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  6. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

  7. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  8. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発SL列車の運転で記念切符発売

  10. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

アクセスランキングをもっと見る