ホンダ、インドで新型 モビリオ 発売…現地MPV市場に参入

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダのインド現地法人、ホンダシェルカーズインディアリミテッドは7月23日、インドで新型『モビリオ』を発売した。

モビリオは2001年、初代『フィット』をベースに日本国内で発売された小型ミニバン。コンパクトなボディに3列シートを採用。最大7名が乗車できた。

しかし2008年5月、『フリード』の発表に伴い、モビリオの販売は終了。その後、モビリオは2013年秋、インドネシアで開催されたジャカルタモーターショー13において、新興国向けの7名乗りMPVとして、復活を果たしている。

7月23日、ホンダシェルカーズインディアは、インドで新型モビリオを発売。新型モビリオを擁し、ホンダはインドのMPVセグメントに参入した。ボディサイズは、全長4386×全幅1683×全高1603mm、ホイールベース2652mm。インドでは中型MPVセグメントに分類される。インドの道路事情を考慮して、最低地上高はクラストップの189mmとした。

搭載エンジンは2種類の直列4気筒。ともに排気量は1.5リットルで、ガソリン「i-VTEC」は最大出力119ps、最大トルク14.8kgm。ディーゼル「i-DTEC」は最大出力100ps、最大トルク20.4kgmを引き出す。ディーゼルの燃費は24.2km/リットル。ホンダシェルカーズインディアリミテッドは、「クラスで最高の燃費性能」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

    スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  2. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  8. 【ワークスチューニング】トヨタ TRD ヴェルファイア…小さいパーツの大きな効果[写真蔵]

  9. 【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」

  10. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

アクセスランキングをもっと見る