【ジャガー C-X17 コンセプトカー 公開】インテリアデザイナーに訊く…ジャガー/ランドローバーのDNA

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガーのコンセプトカー『C-X17』は、ジャガー初のスポーツクロスオーバーであるが、そこかしこに、ジャガーのDNAが表現されているという。

実際にインテリアのデザインを手がけたジャガー、アドヴァンスト・デザイン部門所属インテリア担当チーフデザイナーのサンディ・ボーイズさんは「まずクラフトマンシップを感じさせ、本物のマテリアルを使っていること。そして、流れるような美しいデザインであることが必要だ」と話す。

そして、「エクステリアを見て大好きだ、乗ってみたいと思わせ、実際に室内に入ってドアを閉めると、ずっと中にいたいと思わせるような、“聖域”のようなインテリア。これは全てのジャガーが持つべき、感情的情緒的つながりを感じさせるもので、そこが競合車と違うところだ」とコメント。

では、同じグループ内の『レンジローバー』との違いはどうか。「本物のマテリアルを使い、品質が高く、クラフトマンシップで、ディテールにまでこだわることは同じ価値観だ」とボーイズさん。しかし、アーキテクチャは違うという。「レンジローバー・ランドローバーは、かっちりとした構成で、ドライビングポジションはアップライト。ジャガーは、ドライビングポジションは沈み込むようになり、インパネ全体も、有機的な流れるような美しいデザインだ。そして、ずっと乗っていたくなるインテリアなのだ」と違いを述べる。

つまり、「ジャガーはオンロード。ダイナミックで最も速く、ベストハンドリングを持つスポーツクロスオーバー。そして、ランドローバーはオフロード。もちろんオンロードでも能力は高いが、オフロードがベストオブザワールドで、これがそれぞれの基本的なDNAだ。そこがランドローバーとの大きな違いだ」と語った。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品