PSA プジョーシトロエン、ナイジェリアで プジョー301 生産へ | レスポンス(Response.jp)

PSA プジョーシトロエン、ナイジェリアで プジョー301 生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは7月16日、ナイジェリアでの自動車生産と販売を、2014年内に開始すると発表した。

PSAプジョーシトロエンは、PANナイジェリア社との間で、現地での自動車生産と販売に関して合意。2014年後半から、ナイジェリアでプジョー『301』の組み立てを開始する。

また、両社の合意の中では、将来、プジョー『508』と『308』の2車種も、PANナイジェリア社が現地生産する取り決めが交わされた。

さらに、PSAプジョーシトロエンとPANナイジェリア社は、現地でのディーラーネットワークを構築。販売&サービスが行える体制を整える。

PSAプジョーシトロエンのアフリカ&中東担当、Jean-Christophe Quemard氏は、「中期経営再建計画のバック・イン・ザ・レースで示したように、成長市場を重視していく。ナイジェリアでのプジョー301の生産は、アフリカ事業の中核」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品