【マツダ デミオ プロトタイプ】新開発 1.5ターボディーゼル SKYACTIV-D の走り[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
マツダは、今秋に4世代目となる新型『デミオ』の発売を予定している。18日、そのプロトタイプモデルの情報を解禁した。コンパクトなボディから放たれるターボディーゼルの走りを写真蔵でお届けする。

直列4気筒直噴ターボ・ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」は、最高出力105ps/4000rpmと最大トルク22.4kgm/1400~3200rpmを発揮。上級グレードに位置づけられる。トランスミッションは、6速ATと6速MTを設定し、FFと4輪駆動(ATモデルのみ)を設定。

ボディサイズは、全長4060×全幅1695×全高1500mmで、ホイールベースは2570mm。ほぼ現行型のサイズを踏襲しているが、デザインに最新の「魂動」コンセプトを取り入れ、『CX-5』『アテンザ』『アクセラ』と共通イメージとすることで大幅なイメージチェンジをおこなった。

車両重量は、6速MTが1080kg、6速ATが1130kg(FF)と1220kg(4WD)。価格は未発表。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  5. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 【IIHS衝突安全】リンカーン MKZ の2017年型、最高評価

  8. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

  9. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  10. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら