第2回「くるまマイスター検定」7月16日より申し込み受付開始…ジュニア部門新設

自動車 ビジネス 企業動向

くるまマイスター検定
  • くるまマイスター検定
  • くるまマイスター検定
日本マイスター検定協会は、11月16日にする自動車検定試験、第2回「くるまマイスター検定」の申し込み受付を7月16日より開始する。

今年3月に開催された1回目の本検定では、東京、名古屋、大阪の3会場で合計815名が受検。車の歴史や最新ニュースなど幅広い問題にチャレンジし、2級からは153名、3級からは403名の合格者、「くるまマイスター」が誕生した。

2回目を迎える今回からは、東京、名古屋、大阪に加えて、仙台、福岡、八戸の3か所の会場を増設。また、中学生以下を対象とし、街で見かける自動車メーカーや車種、交通ルールなど、くるま社会の一般的な知識を扱った、ジュニアマイスターを新設するほか、難関1級の受検も開始する。

受検料は3級4000円、2級5000円、1級6000円、ジュニアが2000円。インターネットまたは郵便局から申し込みできる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

    トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  2. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  3. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

    【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  5. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  6. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  7. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  8. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  9. 日産、ロシア工場10周年…「現地生産を継続」

  10. スバル富士重、輸出好調持続で国内生産が5か月連続のプラス…5月実績

アクセスランキングをもっと見る