ガリバー、クルマとコミュニケーションできるアプリ開発へ…LINEビジネスコネクトを活用

自動車 ビジネス 企業動向

ガリバーは、LINEビジネスコネクトを活用したクルマとユーザー間の双方向コミュニケーションアプリ「Drive+」を、2014年8月を目処に展開していくと発表した。

DRIVE+は、LINEが提供するLINEビジネスコネクトを活用し、ユーザーとクルマの間で会話をするように情報の取得やコミュニケーションができるサービスだ。

クルマを停めてからの時間や停めた位置を教えてくれる「停めて何分?」「車ドコ?」機能や、残りの燃料で走行可能な距離を教えてくれる「あとドレダケ?」機能、トラブルの際にロードサービスにつないでくれる、トラブルサポート機能などを搭載する。

またガリバーでは、「Drive+」の公式サイトを開設。サイト内では「Drive+」の概要をはじめ、サービス内容を分かり易く表現したスペシャルムービーも用意する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. カレコ、メルセデス100台以上をカーシェア車両として導入

    カレコ、メルセデス100台以上をカーシェア車両として導入

  3. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

    ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  4. ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

  5. アウディ松本、移転リニューアル…最新CI/CDを導入

  6. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  7. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  8. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  9. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る