人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ルノー ルーテシア GT…ルノースポールがチューンした足回り

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・ルーテシアGT
  • ルノー・ルーテシアGT
  • ルノー・ルーテシアGT
  • ルノー・ルーテシアGT
ルノー・ジャポンは7月10日、『ルーテシアGT』の販売を開始した。価格は259万円。新しくルーテシアに追加されたGTは、標準車に対して、エクステリアやインテリアのコスメティック部分と、シャシーなどの走りの部分の変更が主である。

まず、外観では、「フロントにLEDランプを採用した関係でバンパー周りの処理が変更された。また、フロントエンブレム下にGTのロゴが入り、専用17インチ5本スポークアロイホイールを採用した」とは、同社マーケティング部チーフプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレンさんの弁。その他、サイドモールが、ルノースポール(以下RS)同様のボディ同色(標準車はピアノ調)となり、ドアミラーがシルバーとなる。

また、「リア周りでは、スポーティ感を演出するため、RSと同じ大型スポイラーが採用されたほか、専用のシルバーのディフューザーと、GT専用のデュアルエグゾーストを装着。エキゾーストノートも良い音になっている」という。

内装は、「ヘッドレストのロゴに“GT”のロゴが入る以外は、RSと同じスポーツシートが装着され、ステアリングも、若干握りが太くなり、手ごたえのあるルノースポールのステアリングとパドルシフトを採用。また、アクセルマッピングなどを変更するR.S.ドライブを搭載するなど、ルノースポールの要素がふんだんに盛り込まれている」と説明。

シャシーでは、フロントスプリングは40%硬く、ダンパーの減衰力は30%高められた。そして、『クリオエステート(日本未導入)』のリアトレインが採用された。これは、「クリオエステートは、荷物を積むことを想定し、剛性の高いものが装備されていることから、GTにも採用し、剛性をアップ。また、リアアクスルは直径26mmと少し大型化した」。その結果、「ロール剛性は上がり、ロールスピードは22%押さえることに成功した」と話す。

ブレンさんは、「他ブランドで“GT”というとコスメのみで終わってしまうクルマも少なくないが、ルーテシアGTは、ルノースポール社がシャシーを手掛けることで、スポーティな仕上がりになっている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. 【日産 セレナ 新型】横浜ゴム、BluEarth E52を新車装着

アクセスランキングをもっと見る