ルノー ルーテシア GT…ルノースポールがチューンした足回り

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・ジャポンは7月10日、『ルーテシアGT』の販売を開始した。価格は259万円。新しくルーテシアに追加されたGTは、標準車に対して、エクステリアやインテリアのコスメティック部分と、シャシーなどの走りの部分の変更が主である。

まず、外観では、「フロントにLEDランプを採用した関係でバンパー周りの処理が変更された。また、フロントエンブレム下にGTのロゴが入り、専用17インチ5本スポークアロイホイールを採用した」とは、同社マーケティング部チーフプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレンさんの弁。その他、サイドモールが、ルノースポール(以下RS)同様のボディ同色(標準車はピアノ調)となり、ドアミラーがシルバーとなる。

また、「リア周りでは、スポーティ感を演出するため、RSと同じ大型スポイラーが採用されたほか、専用のシルバーのディフューザーと、GT専用のデュアルエグゾーストを装着。エキゾーストノートも良い音になっている」という。

内装は、「ヘッドレストのロゴに“GT”のロゴが入る以外は、RSと同じスポーツシートが装着され、ステアリングも、若干握りが太くなり、手ごたえのあるルノースポールのステアリングとパドルシフトを採用。また、アクセルマッピングなどを変更するR.S.ドライブを搭載するなど、ルノースポールの要素がふんだんに盛り込まれている」と説明。

シャシーでは、フロントスプリングは40%硬く、ダンパーの減衰力は30%高められた。そして、『クリオエステート(日本未導入)』のリアトレインが採用された。これは、「クリオエステートは、荷物を積むことを想定し、剛性の高いものが装備されていることから、GTにも採用し、剛性をアップ。また、リアアクスルは直径26mmと少し大型化した」。その結果、「ロール剛性は上がり、ロールスピードは22%押さえることに成功した」と話す。

ブレンさんは、「他ブランドで“GT”というとコスメのみで終わってしまうクルマも少なくないが、ルーテシアGTは、ルノースポール社がシャシーを手掛けることで、スポーティな仕上がりになっている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

    日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  2. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  3. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  4. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  5. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  6. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  7. 【IIHS衝突安全】メルセデス GLE、トップセーフティピック+に指定

  8. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  9. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

  10. 【カーグッズ】チャイルドシート事情…忘れがちな「子どもの快適性」

アクセスランキングをもっと見る