フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札

自動車 ビジネス 海外マーケット

フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
  • フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
  • フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
  • フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
  • フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
  • フェラーリのクラシックカーが18億円…オークションで高値落札
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ。同社のクラシックカーが、日本円で18億円を超える価格で落札された。

これは6月27日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」での出来事。「ボナムズ」主催のオークションに、1954年式フェラーリ『375-Plus』が出品されている。

フェラーリ375-Plusは、標準仕様のフェラーリ『375』に対して、パワフルなエンジンを搭載。排気量を4.5リットルから4.9リットルへ拡大したV型12気筒ガソリンユニットは、最大出力330psを引き出した。

ピニンファリーナが設計したアルミ製ボディは、バルケッタスタイル。わずか5台が生産されただけで、今回、オークションに出品された1台は、シャシーナンバー「0384」。1954年のルマン24時間耐久レースや、ミッレ・ミリアに参戦した1台。

クラシックフェラーリの中でも、とくに希少価値の高いとされる同車の価格は、瞬く間に上昇。最終的に2人が競い合った結果、1070万ポンド(約18億7400万円)で落札されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  3. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  4. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  5. マグナ、メキシコ新工場を開業…外装部品を生産

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る