英 MG の新型コンパクト、MG3 にレーサー…207psにパワー倍増

自動車 ニューモデル 新型車

中国の自動車大手、上海汽車(SAIC)の傘下にあり、英国の名門自動車メーカーのMGは6月27日、『MG3トロフィー・チャンピオンシップ・コンセプト』を英国で初公開した。

MG3は、MGブランドの小型5ドアハッチバック。MGは2010年春の北京モーターショー10に、コンセプトカーのMG『ZERO』を出品。市販に向けて、研究開発を進めてきた。このMG ZEROの量産バージョンが、2013年4月、上海モーターショー13で発表された新型MG3。

新型MG3は、スポーティさを前面に押し出したデザインを採用。開発は、英国のデザイン&エンジニアリングチームが主体となって行われた。ボディサイズは全長4015×全幅1728×全高1520mm、ホイールベース2520mm。

搭載エンジンは、自然吸気の1.5リットル直列4気筒ガソリン。「VTi-TECH」と呼ばれる可変バルブタイミング機構を組み込み、最大出力は105psを発生する。トランスミッションは5速MT。

6月27日、英国で初公開されたMG3トロフィー・チャンピオンシップ・コンセプトは、新型MG3をベースに開発されたレーシングカー。1.5リットル直列4気筒ガソリンには、ターボチャージャー追加や専用ピストン&コンピュータ採用などのチューニングを実施。最大出力は、207psへと倍増させた。

また、レース用の装備として、専用エアロパーツ、ロールケージ、車高調整式サスペンション、LSD、消火器、5点式シートベルトなどを装備している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品