【ルマン24時間 2014】14時間経過、深夜の悪夢…首位走行中のトヨタ7号車がコース上でストップ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スタートから13時間あまりを経過、各チームのドライバーとクルーは疲労のピークを迎えた。波乱が起きたのは、1位をひた走ってきたトヨタ『TS040ハイブリッド』7号車。

中嶋一貴がドライブ中にコース上で立ち往生し、2位アウディ『R18 e-tronクワトロ』2号車に先行を許す。続いて、3位を走行していたポルシェ『919ハイブリッド』20号車にも抜かれてしまった。
《北島友和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品