【トヨタ ハリアー HV 試乗】 クラス最高の燃費性能誇るもガソリン車との見た目はほぼ変わらず…青山尚暉

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアーハイブリッド
  • トヨタ・ハリアーハイブリッド
  • トヨタ・ハリアーハイブリッド
  • トヨタ・ハリアーハイブリッド
  • トヨタ・ハリアーハイブリッド
  • トヨタ・ハリアーハイブリッド
新型『ハリアー』にはハイブリッドモデルも存在する、というか、H.H.(ハリアーハイブリッド)という宣伝用ロゴからすれば、今回はハイブリッドモデルが主役なのかも知れない。

しかし、直4の2リットルエンジンとなったガソリン車との内外装の違い、演出は最小限。たとえばメーター回りも2眼メーターの左側が回転計(ガソリン車)、ハイブリッドシステムインジケーターになるだけ。ソフトパッドを奢るインパネ表皮、超高級車さなからの各所のステッチやシート地のデザインなどの仕立て、高級感は素晴らしく、新型ハリアーのハイライトのひとつだが、それもまたガソリン車と大きく変わらない。

装備面でも意外なほど差はない。もっとも大きなのはハイブリッドのみ、アウトドアや災害時に活躍する100V/1500WアクセサリーコンセントがOPで用意されるぐらいである(ガソリン車は100V/100W)。

シフターにしても、『プリウス』や『ノア&ヴォクシー』HVなどのようなエレクトロシフトマチックじゃなくフツーのゲート式だ。が、開発陣に聞けばそれはSUVとの相性の問題らしい。ハリアーのインテリアにエレクトロシフトマチックはちょっと小さく頼りなく感じるのではないか、という判断だ。たしかに。

とはいえ、先進感と未来感、きらめき感あるスタイリング、インテリアからすれば、HVとの相性がいいと感じてしまうのは当然だろう。ハイブリッドシステムは直4 2.5リットルエンジンにフロント&リヤモーターを加えたもので、駆動方式はエスティマなどにも採用されるE-Fourと呼ばれるもの。プロペラシャフトを持たず、直接モーターが後輪を駆動する電子式4WDである。スタート時や加速中、前輪がスリップしたときには4WD、通常走行時にはFF状態となり、燃費に貢献する。

システム出力は197ps。エンジン排気量の余裕もあり、2リットルガソリン車の151psを大きくしのぐ。燃費性能も最高21.8km/リットルとクラス最上である。

走り出せば高級車らしい抜群の静粛性の高さ(そのぶん、強力なモーター出力によるブレーキング時のHV音は大きく感じられるが)、17インチタイヤ装着車のフラットかつ快適感極まる乗り心地、モータートルク感の強いHVらしいトルキーでウルトラスムーズな動力性能がハイブリッドモデルならではの魅力となる。1750~1800kgもの車重にしてEV走行領域が広いのも特徴で、巡行時には気づくとEV走行に入っていたりする(EVモードも完備)。

ただ、プレミアム・グレード以上の18インチタイヤ装着車は、路面によって乗り味がやや華奢に感じられることもある。サスペンションとの相性がよく、しっとりとした乗り心地を提供してくれるのは17インチタイヤのほうだと思える。

そんなハリアーHVは懐かしいフレーズを使わせてもらえば、見た目のインパクトとラグジァリー度の高さから、きらめく極めつけの「デートカー」になりうるだろう。夜景を切り裂くような高速ドライブでタブレット感覚のオーディオを操作し、大人っぽくシャーディーの「スムースオペレーター」なんかを流したいなぁ…。

高速70%、市街地30%走行時の実燃費はゆったりと流せば最高15km/リットル前後。SUVとしては文句なくいい数値ではあるが、ガソリン車との差は約13%(同13km/リットル前後)と思ったほど大きくない。これをどう見るか。内外装、装備の差別化が少ないガソリン車との価格差は駆動方式によって70~90万円程度もあるのだから悩める…。

購入検討時にはガソリン、ハイブリッド両車に試乗すべきだが、街乗りメインなら2リットルのガソリン車でも十二分の性能ではある。ナビを付けるなら、あくまでデザイン&機能的に30万円以上する純正ナビ装着になることも忘れずに。

ところで、ハリアーにはペット用品が数多く用意されている。本カタログにもペットシートカバーが掲載されているほどで、そのほかにもやや高めのハリアーの荷室に犬を快適安全に乗せるためのドイツ・ハンター製イージーステップ(折り畳み式スロープ/トヨタの通販サイト「ハピカラ」で販売)、抜け毛の掃除がしやすいペット対応フロアマット、犬用シートベルトなどありとあらゆるものが揃っている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★
ペットフレンドリー度:★★

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフプロデューサー
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がける。現在、ドッグライフプロデューサーとしての活動も広げている。
《青山尚暉》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

    【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  2. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

    MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  3. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

    フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  4. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  5. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  8. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら