ジェットエアウェイズ、エティハド航空に777-300型3機をリースへ

エマージング・マーケット 東南アジア

ジェットエアウェイズは、現在トルコ航空にリースしている3機のボーイング「777-300型」旅客機が今年10月に返却されたのち、これらをエティハド航空にリースする予定であるとエコノミックタイムスが報じた。

当初ジェットエアウェイズは、リース期間終了後この3機を同社に導入するつもりであったが、エティハド航空側からリースの要求があったためこれに応じる形となった。

エティハド航空は昨年206億ルピーを投じてジェットエアウェイズの株式24%を購入し、インド国内の航空分野で初の海外直接投資を実現している。
《編集部》

特集

おすすめの商品

エマージング・マーケット アクセスランキング

  1. パナソニックHAインド社、アフリカでの展開も視野に入れる

    パナソニックHAインド社、アフリカでの展開も視野に入れる

  2. RAPID計画、ペトロナスが完成予定を延期 石油価格下落受け規模を縮小

    RAPID計画、ペトロナスが完成予定を延期 石油価格下落受け規模を縮小

  3. 【川崎大輔の流通大陸 】マレーシアの中古車 リコンカーとは?

    【川崎大輔の流通大陸 】マレーシアの中古車 リコンカーとは?

  4. いすゞ・マレーシア、新型SUV「mu-X」を発表

  5. 過密するタンソンニャット国際空港とロンタン新国際空港計画の行方 ベトナム

  6. タタがドコモとのジョイントベンチャー解消後もブランドネーム使用を継続

  7. タタドコモがWi-Fi利用可能な通信デバイスを発売

  8. マレーシア在留邦人数が世界12位、KLは20位に 昨年10月時点で2万444人

  9. スズキの日本の研究開発チームがインド向けバイクをデザイン

  10. マレーシアサバ州北部でM6.0の地震、キナバル山では登山者が孤立

アクセスランキングをもっと見る