パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合

自動車 ビジネス 国内マーケット

パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
  • パンダリーノ! フィアット パンダ 文化祭に200台のオーナー集合
5月25日、浜名湖渚園(静岡県浜松市)において、フィアット『パンダ』のオーナーズミーティング、“パンダリーノ”が開催された。主催は、パンダリーノ実行委員会。

2008年に始まったパンダリーノは、新旧パンダオーナーの交流を目的に開催しているものだ。

開催のきっかけについて、実行委員会の山口善之さんは、「もともとはチンクエチェント博物館が主催していたパンダポーリに参加をしていた。しかし、パンダポーリが終わってしまったので、自分たちで開催しようと呼びかけを行い、最初は80数台集まった」と語る。

また、関東からも関西からも集まりやすいということで、現在の浜名湖渚園が最初からの開催場所となった。

山口さんはパンダリーノを文化祭的なイベントと位置付ける。「クルマのイベントというと、走りをメインにしたものが多くなりがちだが、これは文化祭のような、模擬店的なイメージで、パンダの雰囲気とぴったりかなと思っている」と話す。

今年はトータルで209台(初代パンダ107台、2代目パンダ44台、3代目パンダ24台、その他のクルマ29台、人のみ5人)と、過去2番目のエントリー台数で、そのうち3割が初参加だった。

会場は終日和やかな雰囲気に包まれており、その中で、自動車ジャーナリストの笹目二朗氏のトークショーや、会場のどこかに停まっているパンダに隠されたキーワードを探して回答するパンダ DE QIZU RALLY、そして、パンダのキャンパストップを開け放って行われたパンダ DE 玉入れなど、ファミリーで楽しめるイベントであった。

山口さんは最後に、「パンダの魅力は、誰が来ても親しみやすく、ウェルカムな感じがするところだ。そのクルマの持っている素朴さがそのままオーナーにも出ている」とコメントし、そこがパンダリーノの魅力に繋がっていると感じられた。

主催者によると、来年も5月24日に同会場にて開催を予定しているという。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  2. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  3. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  4. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  5. 台風9号、JAFへのロードサービス依頼は534件

  6. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

  7. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

  8. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら