トヨタの新開発半導体、プリウス 向けにあらず

エコカー ハイブリッド

トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表。テスト車にプリウスが使われているが、次期プリウスに向けたものではない。
  • トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表。テスト車にプリウスが使われているが、次期プリウスに向けたものではない。
  • トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表
  • トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表
  • トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表
  • トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表
  • トヨタが20日、ハイブリッド車向けSiCパワー半導体を発表
トヨタ自動車が20日に発表した次世代電動化技術「SiCパワー半導体」。現行『プリウス』にこの半導体を使用したパワーモジュールを実装したテストでは約5%の燃費向上という結果が得られており、将来的には10%向上が見込めるという。

ユーザーにとっては、このSiCパワー半導体がどのタイミングでどのモデルに搭載されるかが気になるところ。まず思い浮かぶのは、トヨタが電動化技術の最先端モデルに位置づけているプリウスの次期モデルだ。が、トヨタ関係者によれば、来年デビューする予定の次期プリウスに間に合う開発スケジュールではないという。

「SiCチップを搭載した実証試験を1年以内に開始する計画で、市販車に搭載可能になるのはまだ先になると思います。電動部分の性能が飛躍的に上がることが期待できる半面、コストが高いという課題もあります」

この技術はまず、コスト吸収余力の大きな高価格帯のモデルに採用し、製造技術の進化にともなって徐々に下位展開していくという流れになりそうだ。その時期は明らかになっていないが、2017年に第1号モデル登場という公算が高そうだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

    【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  2. 三菱リコール問題を一気読み

    三菱リコール問題を一気読み

  3. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

    ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

  4. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  5. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  6. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  7. 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】尿素水の補給頻度

  8. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

  9. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  10. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る